top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【目黒富士と目黒天空庭園】3つの氷川神社と過去と現在の富士塚|基本情報

YOKKA

目黒区といえばステキなカフェがいたる所にあるおしゃれな街というイメージです。

しかし今回パワースポットをめぐるにあたり、目黒区めぐろ歴史資料館にお邪魔したところ、この街に秘められたパワーの歴史を知ることができ、大変面白いことがわかりました。

目黒は江戸時代には寺社や絶景の多いところでした。目黒の三社として有名な目黒不動尊・大鳥神社・高幢寺金毘羅大權現(こうとうじ)、祐天寺などの門前はおおいににぎわったようです。絶景が眺められる高台に築かれた富士塚などは江戸の名所となりました。

今回は、現代版の富士塚ともいえる天空公園も合わせてご紹介したいと思います。

【目黒元富士塚と目黒新富士塚】塚はなくともパワーを求めて

江戸時代に大流行した富士塚というものがありました。あの美しい富士山に登りたい。富士山のパワーにあやかりたい!そんな思いはあっても体力的にも経済的にも難しく、誰彼もとは登れませんでした。また、 死に装束で登るとか女人は禁止 とか、修行の場でもあり、かなり本格的な登山だったのですね。

広告の後にも続きます

それならば、 いつでも登って拝めてご利益がいただけるものを近くに作っちゃおう という発想がうまれ、大ブームとなったのです。死ぬか生きるかだったのが、なんともちゃっかりな発想に転換したようにも思えて、おもしろいなあと思ってしまうのですが、その 富士塚が都内にまだまだ現存している ときいて、パワースポット大好き!とばかりにめぐっております。

目黒区には江戸時代にかなりりっぱな富士塚があったようで、歌川広重の浮世絵にもしっかりその姿がのこされております。
現在はその かつて存在していた場所を「目黒元富士塚」「目黒新富士塚」としていて 、山のような形は確認できないのですが、パワーは残されているのではないかと訪れました。

目黒元富士塚にその当時あった石碑などは氷川神社に移動され、目黒新富士塚にあった石碑などはもともとここだったという現在の場所に設置されているようです。

まずはその氷川神社に行ってみたいと思います。

3つの神社がある氷川神社

池尻大橋駅から外に出ると目の前には高速道路があり、そのせいで町が少し暗く感じるほど。ここは大都会なのだなあと改めて感じさせます。その道と並行するように氷川神社はありました。

この神社の祭神は素戔嗚命(すさのおのみこと)を主神とし、天照大神(あまてらすおおみかみ)、菅原道真(すがわらのみちざね)を合祀しているとのこと。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル