top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【ガーデニング】グラウンドカバーで色彩豊かな庭に!おすすめの種類や育て方を紹介

YOKKA

庭のちょっとしたスペースや、土が見えている表面には、砂利やコンクリートを敷き詰めるのではなく、広い面積をカバーしてくれる、美しくて便利なグラウンドカバープランツを利用してみましょう。

地面や壁面を立体的に演出できるので、庭づくりの楽しみが、ぐっと広がります。

この記事では、グラウンドカバープランツの魅力、楽しみ方や活用方法、おすすめの種類を紹介します。芝生だけでない庭づくりのヒントを解説するので、ガーデニングをもっと楽しみたい方はぜひ参考にしてみてください。

グラウンドカバーの魅力

Photo by 柴﨑光一

周囲の庭木や花壇を鮮やかに演出してくれるグラウンドカバープランツ。 庭の主役となる樹木や草花を引き立ててくれる、大切な脇役たち です。

広いスペースをカバーするだけでなく、多くの魅力ある要素を活かして幅広く利用でき、庭づくりの楽しさを教えてくれます。

グランドカバーの楽しみ方と活用方法

広告の後にも続きます

敷石の周りや通路の縁などのちょっとしたスペースでも、グラウンドカバープランツで覆ってあげると見違えるような美しい空間を演出でき、庭全体がやわらかい統一感で包まれます。

花壇と植え込みに植えて色味のある庭に

庭の地表には、芝生で敷き詰めることが定番ですが、宿根草・球根草花・ほふく性の小低木・つる性の植物などが、グラウンドカバーとして利用できます。

花壇や植え込みの縁(ふち)に植え付けることで、色味のある暖かい庭を演出できます。 ある程度広い面積を覆う必要があるため、できるだけ手入れが簡単で植えっぱなしにできる植物を選ぶ ことがおすすめです。

1年草や2年草は避け、多年草や常緑性のものを選びましょう。

おすすめのグラウンドカバープランツ
  • アスチルベ
  • コレオプシス
  • ペチュニア
  • シロタエギク
  • ワスレナグサ
  • ブルーファンフラワー
  • トリトマ(クニフォフィア)
  • アジサイ

樹木の下と建物の周り植えてナチュラルさを表現

樹木の下や建物の周りは、場合によっては一定の時間、日陰になっていることも多いです。適した植物を植えていないと育ちにくい反面、そこにあった植物を植えると見違えるほど美しくなります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル