top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

KUN、ある女性ファンに8年近く粘着されていたと明かす メールは1万通以上、一方的な結婚宣言も

yutura

2月29日、ゲーム実況者の「KUN」(登録者数157万人)が「10年間あっためてたKUNが女性リスナーから10000通のDMを送られていたヤバい話 – マインクラフト【KUN】」と題した動画を投稿しました。

10年近く前から温めていた「女性ファン」の話

今回の動画では、10年近く前から温めていた秘蔵の話を明かすとのこと。きっかけは2013年にKUNが「Skype凸待ち」を行ったことだといいます。「Skype凸待ち」とは、配信者が通話アプリ「Skype」のIDを公開し、視聴者の誰もがその配信者とコンタクトを取ることができる企画です。しばらくするとKUNは企画を放置したらしく、半年後に久しぶりにSkypeを開いてみると、女性とみられる1人の人物から届いた6700件もの未読メッセージが溜まっていたのだとか。内容は全て「動画の感想とか日々の日記」だったそうです。

怖くなったKUNはすぐにその女性をブロック。ところが1年後、今度は1年間放置していたという公開メールアドレスになんと1万件もメールが届いていたのだそうです。その中で、KUNは女性と結婚させられていたとのこと。文面には

婚約しませんか? 返信がない場合は婚約したとみなします

とあり、その翌日のメールには

結婚しました

と書かれていたそう。KUNは「あ、マジか…俺婚約はしたんだ」と思ったと振り返ります。

勝手に婚約され、拒否するも相手は折れず

広告の後にも続きます

婚約の4年後、今度は唐突に「慰謝料を払いたい」という不可解なDMが送られてきたと明かすKUN。その時点では「心当たりがありすぎて誰だか分からなかった」ため、通話を持ちかけたといいます。電話口での第一声が「初めまして」だったことに不信感を抱きつつも話を聞くと、4年前に「結婚した相手」が思い当たったのだとか。女性は、高齢の父親のために身を固めたいという理由で、慰謝料をKUNに支払って婚約破棄をしたいという伝えてきたそうです。

KUNによると、女性はKUNが動画の中で発した言葉や例え話を、すべて自分へのメッセージだと思い込んでいたのだとか。電話口でKUNは

申し訳ないですけど、会ったこともない人と婚約とかはしてないですし、慰謝料をお支払いしていただかなくて結構ですので、もう連絡はしてこないで下さい

とキッパリ断ったといいます。

ところが翌日、前日の電話などなかったかのように「今まで通りのテンション」でメッセージが来たそう。同様に断りのメッセージを送ると「もうまた恥ずかしがってそんなこと言って~」と返信が届いたといい、KUNは「めっちゃ無敵じゃない?」と絶望を露わにしました。

ワンチャン刺しに来たら

KUNは、この女性が「誰かと交際していると思い込む」疾患である「クレランボー症候群」だと推測。女性はDMをブロックしても違うアカウントから送ってきたそうで、KUNは女性の執着心に恐怖を感じたといいます。

KUNによると、それ以降は4年近く連絡が来ていないため今回話題に出すことができたのだとか。しかし「ワンチャン刺しに来たら」と思うと怖いと話し、「自分の身、なんとかちょっとぐらいは守れます、みたいな状況でも怖い」と心境を語りました。

再生
 
   

ランキング(動画)

ジャンル