top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

犬の死因の1位は「がん」。愛犬のがんのリスクを調べられる「N-NOSE® わんちゃん」が利用後のがん発見率速報値を公表

マガジンサミット

人生に様々な彩を与えてくれる愛犬という存在。いつまでも長生きしてほしいですよね。ところで、皆様は一番多い犬の死因は何かご存じでしょうか。

犬の死因の一位は「がん」。年齢ごとに見ると特に5~6 歳以降急激に上昇しており、10 歳で は全体の 21%が、がんが原因で亡くなっていることがわかっています※。そのためがんの早期発見が重要視されています。

※アニコム家庭どうぶつ白書 2023 犬の死因 10 歳

この度、犬のがん早期発見に繋がるサービス「N-NOSE わんちゃん」を展開する株式会社 HIROTSU バイオサイエンスでは、アニコム損害保険株式会社の保険金請求情報に基づき「N-NOSE わんちゃん」利用後の請求データから、がん発見率※の検証を行いました。

※以下の条件に当てはまる請求があった頭数の割合。

広告の後にも続きます

・腫瘍での手術の保険金請求があること

・5 回以上腫瘍での継続的な保険金請求があること

「N-NOSE わんちゃん」について

株式会社 HIROTSU バイオサイエンスでは、線虫 C. elegans が人の尿中に含まれるがん特有の匂いを高精度に検知することを利用した、がんの一次スクリーニング検査「N-NOSE」を展開。その技術を応用して愛犬用がん検査「N-NOSE わんちゃん」と愛猫用がん検査 「N-NOSE ねこちゃん」も展開しています。

こちらの検査では、尿を提出するだけで複数のがんのリスクを調べることが可能となっています。

https://lp.n-nose.com/animal/

「N-NOSE® わんちゃん」利用後のがん発見率速報値を公表

この度、株式会社 HIROTSU バイオサイエンスでは、「N-NOSE わんちゃん」利用後の腫瘍請求について検証を実施。アニコム損保のペット保険契約者の方で「N-NOSE わんちゃん」を利用した方のうち、2023 年 6 月中旬~9 月中旬までに判定結果を送付した 883 件(契約情報と紐づく検査結果のみ)について、「実際に腫瘍治療を行ったか」の調査を行っています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル