top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

ひきこもりの32歳長男、父の死でうつ病悪化…入浴と着替え“週1回”に 社労士が出した“再起への道”

オトナンサー


障害年金の請求時に初診日の証明が難しい場合はどうする?

【豆知識】「初診日」の証明に不可欠! これが「障害年金」の請求時に提出する“書類”です

 筆者のファイナンシャルプランナー・浜田裕也さんは、社会保険労務士の資格を持ち、病気などで就労が困難なひきこもりの人を対象に、障害年金の請求を支援する活動も行っています。

 浜田さんによると、障害年金では、その障害で初めて病院を受診した「初診日」から1年6カ月を経過した「障害認定日」の時点で、法令に定める障害状態になかったとしても、その後、法令に定める障害状態になった場合は、その時点から障害年金を請求することも可能だということです。このような請求方法を「事後重症請求」といいます。

 ただし、障害年金の請求時は初診日を証明する必要があり、事後重症請求の場合、初診日から数年が経過しているケースが多く、初診日の証明が難しくなりがちです。その場合、どうすればよいのでしょうか。浜田さんが、ひきこもりの男性とその家族を例に解説します。

保留にしてきた障害年金を請求したいと希望

広告の後にも続きます

 ある日、ひきこもりの長男(32)の障害年金について相談を持ちかけてきた母親(65)から、私は事情を伺うことになりました。

 長男は若い頃からひきこもりの状態で、21歳のときにうつ病で初めて心療内科を受診しました。現在まで月1回の通院を続けています。以前に障害年金の請求を検討したことがありますが、医師からは「障害年金が受給できるくらいの重い症状ではない」と言われてしまい、障害年金の請求は保留にしてきたそうです。

 その後もひきこもり状態が改善することはなく、うつ病を抱えながら両親と同居していた長男が32歳になった頃、父親ががんで亡くなってしまいました。ショックのあまり、長男のうつ病は一気に悪化。一日中布団の中で寝ているだけの日も多くなり、食欲もほとんど湧かなくなってしまったそうです。入浴や着替えも1週間に1回できればよい方とのことでした。

 そのようなこともあり、現在の主治医から「障害年金を請求してみてはどうですか」とアドバイスを受けたそうです。

 障害年金では、原則、その障害で初めて病院を受診した日から1年6カ月を経過した日である「障害認定日」に法令に定める障害状態になく、障害年金が認められなかった場合でも、その後病状が悪化し、法令に定める障害状態になったときは、その時点から障害年金の請求をすることができる制度があります。これを「事後重症請求」と言います。

 事後重症請求でも、「年金保険料の未納が多すぎないか」といった年金保険料の納付要件のほか、その障害で初めて病院を受診した「初診日」の証明をクリアする必要があります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル