top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

トロン第3弾『トロン:アレス』初ビジュアル!あらすじも発表

シネマトゥデイ

かっこいい! – 画像はジャレッド・レトーInstagramのスクリーンショット

 SF映画『トロン』シリーズ第3弾『トロン:アレス(原題) / Tron: Ares』の初ビジュアルを、主演のジャレッド・レトー(『スーサイド・スクワッド』のジョーカー役など)がInstagramで公開した。

 1982年に公開された『トロン』1作目は、電子世界に送り込まれた天才技術者フリン(ジェフ・ブリッジス)の冒険を描いたSFアクション。世界で初めてCGを本格導入したことで話題を呼び、2010年にはフリンの息子(ギャレット・ヘドランド)を主人公にした続編『トロン:レガシー』が公開された。

 それに続く第3弾の撮影は、全米映画俳優組合(SAG-AFTRA)のストライキによる延期を経て、今年1月にカナダ・バンクーバーでスタートした。『マレフィセント2』『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』を手掛けたヨアヒム・ローニング監督がメガホンを取っている。

 初ビジュアル公開に併せて、米ディズニーはあらすじも発表。高度に洗練されたプログラムである“アレス”が危険な任務を遂行するために電子世界から現実世界へ送られ、人類は初めて“A.I.存在”との対面を果たすことになるという。ジャレッドは「準備はいいか?」とつづり、ベースは黒で怪しく赤色に光るトロンスーツの後ろ姿の画像を投稿している。2025年全米公開。(編集部・市川遥)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル