top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

難民を押しつけ合うベラルーシとポーランド国境 翻弄された人々の運命 「人間の境界」公開決定

映画スクエア

 2023年のヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門で上映され、審査員特別賞を受賞した、ポーランドのアグニエシュカ・ホランド監督作「人間の境界」が、2024年5月3日より劇場公開されることが決まった。

 「人間の境界」は、ベラルーシ政府がEUに混乱を引き起こす狙いで大勢の難民をポーランド国境へと移送する”人間兵器”とよばれる策略に翻弄(ほんろう)された人々の過酷な運命を、シリア人難民家族、支援活動家、国境警備隊の青年など、複数の視点から描き出す群像劇。安全な生活を送れると信じてポーランドへ渡ってきたシリア人家族。しかし、ようやくたどり着いた直後、武装した警備隊から非人道的な扱いを受けた上にベラルーシへ送り返され、そのベラルーシからも再びポーランドへ強制移送されるという、どちらの国からも難民を押しつけ合うような暴力と迫害に満ちた過酷な状況が描かれる。

 監督は、3度のアカデミー賞ノミネート歴を持つ、「ソハの地下水道」「太陽と月に背いて」などのアグニエシュカ・ホランド。友人のカメラマングループと国境の写真を撮影するなど難民をめぐる問題を追っていた彼女は、情報が遮断された2021年に「国境に行くことができなくても、私は映画を作ることができる。政府が隠そうとしたものを、映画で明かそう」と本作の制作を決意したと明かしている。政府や右派勢力からの攻撃を避けるためスケジュールや撮影場所は極秘裏のうちに、24日間という猛スピードで撮影を敢行した。

 当時のポーランド政権は本作を激しく非難し、公開劇場に対して上映前に「この映画は事実と異なる」という政府作成のPR動画を流すよう命じるなど異例の攻撃を仕掛けた。しかし、ほとんどの独立系映画館がその命令を拒否。ヨーロッパ映画監督連盟(FERA)をはじめ多数の映画人がホランド監督の支持を表明し、政府対映画という表現を巡る闘いに発展した。ポーランド国内では公開されると、2週連続トップの観客動員を記録した。

【作品情報】
人間の境界
2024年5月3日(金・祝)TOHOシネマズ シャンテ他全国順次ロードショー
配給:トランスフォーマー
©2023 Metro Lato Sp. z o.o., Blick Productions SAS, Marlene Film Production s.r.o., Beluga Tree SA, Canal+ Polska S.A., dFlights Sp. z o.o., Česká televize, Mazovia Institute of Culture

 
   

ランキング(映画)

ジャンル