top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

『陰陽師0』安倍晴明&源博雅、名コンビ誕生の裏側に迫る特別映像公開

シネマトゥデイ

山崎賢人演じる安倍晴明と、染谷将太演じる源博雅 – (C)2024映画「陰陽師0」製作委員会

 シリーズ累計発行部数680万部を超える夢枕獏のベストセラーシリーズを原作に、平安時代に実在した呪術師・安倍晴明の若かりし日を描く実写映画『陰陽師0』(4月19日公開)から、山崎賢人(※崎は「たつさき」)演じる晴明と、染谷将太演じる源博雅の名コンビ誕生の裏側を追う特別映像が公開された。

 人嫌いで変わり者の陰陽師・安倍晴明が、雅楽家としても名を残した貴族・源博雅と共に怪奇事件を解決していく夢枕獏の人気小説シリーズ「陰陽師」。本作では原作では描かれていない晴明の学生時代、そして博雅との出会い、凶悪な呪いと陰謀との対峙が描かれる。『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』『アンフェア』シリーズの佐藤嗣麻子が監督・脚本を務め、共演に奈緒、安藤政信、村上虹郎、板垣李光人、國村隼、北村一輝、小林薫ら。

 特別映像は、新規本編映像、メイキング映像、世界遺産・仁和寺でのイベント映像と共に、山崎と染谷がいかにして晴明&博雅のバディを作り上げたのか、その過程に肉迫。本作で描かれる晴明は、呪術の天才と呼ばれながらも陰陽師になることに全く興味がなく、誰にも媚びへつらわないクールなキャラクター。そんな山崎演じる晴明を、染谷は「カッコよさの中にすごく繊細さがあって、安倍晴明も一人の人間なんだと感じて感動しました」と評している。

 メイキング映像では、お手玉を小道具に用いた晴明と博雅の絶妙な掛け合いの裏側が。晴明が「馬鹿な人間ほど、“呪”にかかりやすい」とお手玉を博雅にぶつけるシーンについて、「お手玉ってぶつけた方がいいんですか?」(山崎)、「顔にやる?」(監督)、「顔に投げます?」「ちょっと(晴明が)が性格悪すぎます?」(山崎)、「性格は悪くていいんだけどね」(監督)と細やかに、和やかにディスカッションする様子が収められている。

 仁和寺でのイベント映像では、山崎と染谷が、晴明と博雅のバディが出来上がるまでの過程で意識した点に言及。山崎は「博雅とのやりとりが嫌な感じに見えないようにすごく魅力的に見えればいいなと思って心がけていました」、染谷は「本当にずっとだいたい二人で馬の練習だったりリハーサルの練習だったり現場も一緒に過ごしていたんですけど、基本ゆるい二人なのでゆるっと二人でリラックスしてやってましたね」と話し、ウマが合っている雰囲気をうかがわせた。(編集部・石井百合子)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル