top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

カサブランカ 2024-25年秋冬コレクション、古代ギリシャの神秘と現代性の融合

FASHION PRESS

カサブランカ(CASABLANCA)は、2024-25年秋冬コレクションを2024年2月28日(水)に発表した。

ビョーク「少年ヴィーナス」から広がる再解釈と想像の世界

アイスランドの歌手・ビョークの楽曲「少年ヴィーナス」と同じタイトル「Venus as a Boy」を冠したカサブランカの2024-25年秋冬シーズン。ヴィーナスとはギリシャ神話における美と愛の女神“アフロディテ”をもとに、ローマ神話で語り継がれる女神。そのヴィーナスを、少年として再解釈した楽曲が「少年ヴィーナス」だ。

「古代ギリシャ」がテーマ

この“再解釈”から広がる想像こそが、今季のクリエーションの出発点になっている。クリエイティブディレクターのシャラフ・タジェルがテーマに選んだのは古代ギリシャ。古代ギリシャの巡礼と、古代都市エレウシスでの宗教的な儀式から着想を得ている。知恵と洗練の源泉である古代の神秘とサイケデリックな恍惚の体験を反映しつつ、現代的な要素を織り交ぜたウェアを展開する。

布地を巻き付けるディテールをミニマルに

象徴的なのは、古代ギリシャの衣服を思わせる、真っ白なテキスタイルのウェア。深いスリットを施した、流れるようなシルエットのドレスをはじめ、ダイナミックなケープやテーラードジャケットが登場している。いずれも共通して、布地を巻き付けるかのようなプリミティブなディテールがミニマルな形で落とし込まれている。

また、繊細にきらめくビーズ刺繍のウェアも神秘を感じるロマンティックなデザインに。澄んだ輝きを放つビーズ刺繍によって幾何学模様を構築したトップスやミニスカート、細かい光の粒に覆われたシースルーのドレスなどが幻想的な存在感を放つ。

オリンピックモチーフも

広告の後にも続きます

この他にも、古代ギリシャの先進性を連想させるモチーフが随所に散りばめられている。古代オリンピックが始まった土地であることにちなんで、オリンピックカラーの幾何学模様やトロフィー、月桂樹のモチーフを配したジャージルックが散見された。ハーフジップトップスやバッグなどには、五輪マークを解体した幾何学模様があしらわれている。また、壁画のようなカットソーや、オリンピックのユニフォームを思わせるシルバージャケットとジャージのスポーティーなスタイリングも目を引いた。

ジェフ・ハミルトン&エンシェント グリーク サンダルズとコラボ

加えて、ジェフ・ハミルトン(Jeff Hamilton)とコラボレーションしたジャケットが登場。ワッペンとクリスタルを組み合わせたレザージャケットや、ジェフ・ハミルトンのアイコニックなパッチワークレザージャケットが揃う。いずれも、神殿や聖火、スポーツ競技のモチーフなどを装飾している。さらに、エンシェント グリーク サンダルズ(ANCIENT GREEK SANDALS)ともタッグを組んでおり、月桂樹の刺繍とシャーリングを組み合わせたレースアップサンダルがランウェイに登場した。

 
   

ランキング

ジャンル