top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

80年代の伝説的ロック漫画、上條淳士『To-y』サントラ再発 時代を変えた“表現方法”と不朽の“空気感”

Real Sound

  上條淳士のヒット作、『To-y』のOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)が発売されたのは1987年のことだったが、その劇中歌の数々を収録したコンピレーション・アルバム『TO-Y Original Image Album』のアナログ盤が、先ごろ再発された(ソニー・ミュージックレーベルズ/完全生産限定盤)。

   上條淳士の『To-y』は、1985年から1987年にかけて、「週刊少年サンデー」(小学館)にて連載された、ひとりのシンガーの物語である。

  主人公の名は、藤井冬威(トーイ)。あるとき、大手芸能プロダクションの敏腕マネージャーにスカウトされた彼は、悩んだ末に所属していたパンクバンドを抜け、アイドル歌手としてソロデビューを果たす。

  折しも時代はアイドル全盛期。“アイドル”という華やかな虚像を“オモチャ”にしようとする大衆に抗うかのように、トーイは、パンクスならではの過激な方法論で、芸能界の古いしきたりを次々と破壊していくのだった……。

歌詞を描かないことが、逆に読み手に“声”を想像させる

  なお、本作で上條が繰り返し用いた、シンガーの歌声(歌詞)や楽器のオノマトペ(擬音語)を描かない、という手法は、のちの音楽漫画の表現方法を大きく変えた、といわれている。
 OVA版でも、基本的にはそれと同じ手法(演出)が取り入れられており、作中でトーイやその他のアーティストたちが、じっさいに歌うシーンはない(ライブのシーンは、インストゥルメンタルか、別のアーティストの楽曲が挿入されている)。

広告の後にも続きます

  これをよしとするか否とするかは観る者しだいだろうが、まあ、いずれにしても「『To-y』の映像化」だからこそ、許された大胆な手法ではあるだろう(たとえば、のちに制作されたあるバンド漫画の実写映画版では、主人公が歌うシーンを「無音」にしたせいで、原作のファンから厳しく批判されたものである)。

  ちなみに、今回再発されたコンピレーション・アルバムに収録されている楽曲とアーティストは以下の通り(プロデュースはPSY・S[saiz]の松浦雅也)。

【Side-A】
Lemonの勇気/PSY・S[saiz]
モナパーク/GONTITI
ドリーム・スープ/AMOR
SANSO/QUJILA
風の中で/楠瀬誠志郎

【Side-B】
ショート寸前/Barbee Boys
嵐のあと/The Street Sliders
UP TOWN TRAFFIC/鈴木賢司
時計仕掛けのせつな/ZELDA
Cubic Lovers/PSY・S[saiz]

“80年代の空気”が封印されたコンピレーション・アルバム

  なお、私はリアルタイムで原作を愛読していた世代の人間だが、同時代の日本のパンクロックも好きだったせいか、正直にいえば、OVA発売当時はこのラインナップには少々不満があった。なぜならば、この中でパンクの文脈で語ることができるのは、強いていえばZELDAくらいだからだ。

  だが、いま――連載終了から35年以上を経た冷静な目で原作を読み返してみると、『To-y』という作品は、別にパンク(だけ)を描いた物語ではなく、80年代半ばの芸能界全体、あるいはロックシーン全体を俯瞰した作品だったということがよくわかる。また、膨大な“時事ネタ”を投入しているにもかかわらず(いや、それゆえに、というべきか)、いま読んでも、まったく古びていないことに驚かされるのだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(読書)

ジャンル