top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』公式オンライン検定にチャレンジ! 気になる内容は?

Real Sound

 CYBIRDによる「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM 検定-mini-」が、2/28より開始されている。「クイズつきアクリルカード」を購入すると挑戦でき、『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM(以下SEED FREEDOM)』に関する問題に答えると検定結果が発行される。あわせて、「CYBIRD オンライン検定」公式Xにて、オリジナルの缶バッジが抽選で当たるキャンペーンも開催中だ。

参考:コクピットが殺人現場に! ガンダム×人狼ゲームの異色作『機動戦士ガンダム ウェアヴォルフ』がおもしろい

 「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM 検定-mini-」は、『SEED FREEDOM』の知識を測るための公式オンライン検定。「クイズつきアクリルカード(全5種、各880円)」を購入することで挑戦でき、全10問の問題に答えると、結果に応じた特典をゲットできる。また、今回の検定に合わせて作成されたオリジナルのminiキャラ・メカイラストを使用したアクリルスタンドなどの限定グッズも販売中だ。

 検定に参加すると、正解率に関わらず終了後にはスマホ用壁紙とデジタル成績表がもらえる。また、正解率70%以上で「称号アクリルバッジ」が購入可能になり、満点合格だと「クイズつきアクリルカード」のデザインがモビルスーツ入りの豪華なものに変更される。また、検定開催にあわせて販売されている限定グッズを5000円以上購入するごとに、オリジナルイラストカードがランダムで1枚プレゼントされ、さらに「CYBIRD オンライン検定」公式Xアカウントをフォローして該当投稿をリポストすることで、オリジナルデザインの缶バッジが抽選で当たるキャンペーンも実施中。検定の結果をSNSで自慢するもよし、グッズを買いまくるもよしという、SEEDファンならチェックしたいキャンペーンとなっている。

 というわけで、記事を書くにあたって検定に挑戦してみた。CYBIRDの検定用アカウントを作成し、「クイズつきアクリルカード」を購入したらそのままブラウザで検定に挑戦可能。ただ、検定中に操作をミスるとそのまま検定が終了してしまったり思った通りの結果にならないこともあるため、検定中の操作を確認するための体験版クイズも用意されている。初挑戦ということなら、この体験版もプレイしてから本番に臨んだ方がいいだろう。

広告の後にも続きます

 というわけで検定本番。問題は10問、試験時間は15分である。問題の内容は「概要、キャラクター、展開、セリフ」の4つのカテゴリーに分かれており、作品の設定面を問う問題、劇中で特定の行動をしたキャラクターを答える問題、ストーリー展開についての質問に答える問題、キャラクターのセリフについて答える問題となっている。回答はどれも四択で、正解だと思うものをチェックしていく方式だ。全10問が順番に出題されるが、時間内であれば先に出された問題の解答を遡って変更することも可能となっている。

 ネタバレになってしまうので具体的にどんな問題が出たかは書かないが、けっこうキモなのが15分という絶妙な制限時間である。これが画面の右上にずっと表示されており、回答しているうちに数字がガンガン減っていくのでけっこう焦る。問題自体はガンダムSEEDシリーズ全般ではなく、あくまで『SEED FREEDOM』だけに絞った内容なので、この映画から見始めた人でも解答すること自体は可能なはずである。

 しかし鑑賞してから時間が経っていると「あれ、このセリフって続きなんだったっけ……?」「この時にアレしてたキャラって誰だっけ……?」みたいなうろ覚えの場所が増えていき、さらに画面上のタイマーによって焦らせられるのでどんどん解答に自信がなくなっていく……。

 そんなわけで、筆者の検定結果はあんまりパッとしないものに……。実際にプレイしてみた感想を率直に書けば、この検定は絶対に映画を見た直後に受けた方が高得点を狙えるはずだ。PCからだけではなくスマホからでも受験可能なので、限定グッズが欲しい人は3月27日までの開催期間中、映画館の帰りにでもトライしてみていただきたい。

(文=しげる)

 
   

ランキング(読書)

ジャンル