top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

平野紫耀&神宮寺勇太&岸優太、 Number_iのテレビ初出演に滲む思い 3人に共通する“一緒に”進む姿勢

Real Sound

Number_i(ⒸTOBE Co., Ltd.)

 3月2日、Number_iが『Venue101 拡大版』(NHK総合)に出演する。

 平野紫耀、神宮寺勇太、岸優太にとって、Number_iとしてのテレビ番組出演は今回が初となる。その場所が『Venue101』であることについて、何らかの意味を感じずにはいられない。なぜなら昨年5月、3人がTOBE所属前、最後に出演した音楽番組だからだ。

(関連:【画像】Number_i、3月6日発売1stシングルのジャケット写真も話題に

 「いちばんを目指すってのは大切なことですけど、それ以上に大切なのって“道筋”だと思うんですよ」――グループ結成時、“Number_i”というグループ名の由来を説明するなかで、岸はそう話している。ナンバーワンを目指す過程で、自分たちらしくどう輝けるか、ファンとどれだけ一緒に楽しめるかが重要だと考え、“I(私)”や“愛”などの意味を込めて“Number_i”と名づけたのだそうだ。

 今回の出演もいわば、グループとして前に進んでいく過程のひとつ。ただし、グループとして初めて出演する音楽番組ということで、重要な一歩であることには間違いない。自身が表紙を飾った雑誌『25ans』2024年4月号特別版(ハースト婦人画報社)のインタビューでも、グループの活動ついて岸は「まだ始まったばかり」「むしろ、“ここからだな”という意識が強い」と語っている。そう、Number_iの物語は、まだ序章なのである。

広告の後にも続きます

 3月にはTOBE全アーティストによるライブ『to HEROes ~TOBE 1st Super Live~』も控えているが、岸はファンに「進化した姿もお見せしたい」としつつ、「でも、いちばんは感謝」だと話している。思い返せば、7月7日に平野と神宮寺がTOBEの所属を発表した際、ふたりも何度も「(ファンの)皆さんと一緒に」という言葉を繰り返していた。今後の活動について、「ここから素敵な物語を皆さんと一緒に綴っていきたい」と話していた平野。「まだ見ぬ素敵な景色を一緒に見れたら」と語っていた神宮寺。10月15日のグループ結成時には、神宮寺が「僕がいちばん大切にしたいなと思うのは、皆さんと一緒に幸せな時間を作っていくこと」と強く宣言していたのも印象に残っている。

 3人の発言を振り返っていて、共通していると感じることが大きくふたつある。ひとつめは、ファンに寄り添う姿勢だ。自分たちの行動において、ファンがどうすれば喜んでくれるか、楽しんでくれるかを、彼らは考えて選択している。『Venue101』は、彼らが一度ファンに別れを告げた場所。そこで再スタートを切るということは、「戻ってきた」と私たちに宣言しているように思えるし、あの日の涙を笑顔に変えようとしているようにも感じられる。経緯は計り知れないが、きっと、再出発を果たすのに相応しい場所だと考えたのだろう。付け加えれば、生放送かつ全国放送ということで、「なるべく多くの人が同じタイミングでスタートを切れるように」という想いもあったのかもしれない。

 もうひとつは、何事も突き詰めていくこと。音楽やダンスなどの制作面に関して、3人はよく「自分たちが納得したものを世に出したい」「本当にいいと思ったものを持っていきたい」という旨の発言をしている。いちばんいいものを常に届けていくことは、毎回最高を更新していくことでもある。自分たちが成長していく姿をファンに見せていくことも、彼らが重きを置いている部分なのだろう。

 山登りと同じで、成長していく過程には必ずどこかで苦しみもつきまとう。しかし、乗り越えた先では強くなった自分と、最終的には美しい景色が待っている。いつも笑顔を見せてくれるが、何事にも全力投球な3人だからこそ、今までに苦しいこともあったと思う。今の3人は、287日前より確実に強くなっているはず。そんな彼らがどんな姿を見せてくれるのか、放送当日、そしてこれからも楽しみだ。

 ファンと一緒に歩んでいくこと。目的地までの過程で、活動の一つひとつを楽しんでもらうこと。それこそが、彼らが大切にしていることなのだと思う。Number_iとしての活動はまだ“ここから”。昨年とはまた違う、明るい春の訪れを感じている。

(文=かなざわまゆ)

 
   

ランキング(音楽)

ジャンル