top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【冬季限定】青森県の人はもっと積極的に「あめせんべい」のことをアピールしてほしい / あるはずのない記憶が蘇る味

ロケットニュース24

地元からのお土産って何にしようか迷うもの。地域色がわかりやすい定番品がいいかな……と思うけど、意外なものが喜ばれたりする。

さて、そこで青森県の人、青森県に旅行に行った人に言いたい。お土産に「あめせんべい」を買ってきてください……と。

・こんな美味いものを隠していたのか

「あめせんべい」とは、青森名物のお菓子。同じ名前のお菓子が長野県にもあるようだが、別物である。

今回紹介する「あめせんべい」は青森のもの。

ネットの漫画でその存在を知ってからずっと気になっていたところ、「のもの」というJR東日本の地産ショップで発見。価格は1つ130円だった。

・南部せんべい × 水飴

広告の後にも続きます

青森・八戸屋の「あめせんべい」はゴマ入りの南部せんべいに水飴を挟んだもの。暖かい時期は水飴が流れてしまうので、冬季限定で販売されているらしい。

パッケージの表には一休さんみたいな小坊主が水飴を美味しそうに食べている絵が描かれている。サブリミナル的に一休さんが和尚さんの水飴を食べてしまったとんちを思い出す。

そもそも南部せんべい自体が美味しいのに、そこに水飴を挟んでしまうという発想がやばい。

・少なくともこんなお菓子食べたことない

パキッと割るとせんべいの間からとろ〜〜〜りと水飴が溢れ出す! たまらない……。

食べると、南部せんべいのほのかなしょっぱさと、水飴のこってりした甘さのコントラストがたまらない。

素朴だけどクセになる甘じょっぱさなのだ……。こんなお菓子初めて食べたぞ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル