top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

エンタメOVO

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)

 謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫のアルフィーを連れて帰省することに。ところが列車で移動中に謎の男たちから命を狙われ、エイダン(サム・ロックウェル)と名乗るスパイに助けられる。

 やがて、エリーの小説が偶然にも現実のスパイ組織の行動を言い当てていたことが判明。自身が創造したスタイリッシュなアーガイル(ヘンリー・カビル)が活躍する“空想のスパイの世界”と、風采の上がらぬエイダンが働く“現実のスパイの世界”がエリーの中で交錯していく。

 『キック・アス』(10)でスーパーヒーロー物に、「キングスマン」シリーズでスパイアクション物に新機軸を打ち出したマシュー・ボーン監督が描く痛快スパイアクション。通常のスパイ映画へのオマージュをちりばめながら、逆にスパイ映画というジャンルに新たに挑戦している節もうかがえる。

 脚本はジェイソン・フックス。共演にジョン・シナ、サミュエル・L・ジャクソン、ブライアン・クランストン、キャサリン・オハラ、アリアナ・デボースほか。

広告の後にも続きます

 今回も、ハイスピードの過激なアクション、ユーモアのあるサプライズだらけのストーリー、凝った色合いに彩られたしゃれた映像は健在。特にアクションシーンは、剣戟(けんげき)映画の華麗な殺陣やミュージカルの舞踏を思わせるものがある。

 そして、エリーとエイダンの正体をめぐる二転三転するストーリーが目まぐるしく描かれる中、何度も流れるザ・ビートルズの“最後の新曲”「ナウ・アンド・ゼン」が、2人の道行にぴたりとはまるところに、ボーン監督のセンスの良さがうかがえる。

ダラス・ハワードの変身ぶりや、空想のスパイであるアーガイル(カビル)と現実のスパイであるエイダン(ロックウェル)との対象の妙、愛猫のアルフィーの存在も面白い。

『コヴェナント 約束の救出』(2月23日公開)

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル