top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

同性愛者の長い孤独な日々、そして訪れた変化──。「94歳のゲイ」

キネマ旬報WEB

 

同性愛は異常性欲・変態性欲であり、治療可能な精神疾患だとされた時代より孤独に生きてきた一人の同性愛者に密着し、この国の同性愛史を紐解くドキュメンタリー「94歳のゲイ」が、4月20日(土)よりポレポレ東中野ほかで全国順次公開。ポスタービジュアルと予告編が到着した。

 

 

ゲイであることを誰にも打ち明けず、好きな男性ができても告白できずに生きてきた長谷忠さん。唯一の拠り所は文学・詩作で、1963年には現代詩手帖賞を受賞。選者の谷川俊太郎に高く評価され、複数の著作を刊行、94歳となった今も短歌を詠む。

広告の後にも続きます

かつて“同性愛は病気である”と公然と語られたが、今や同性愛者を取り巻く環境は大きく変わった。そんな中でカミングアウトを果たし、理解あるケアマネージャーに支えられ、逞しく生きる長谷さんだったが……。

 

 

「笑っておくれ、人の弱みを」という長谷さんの短歌の一節で締め括られる予告編。長谷さんが90歳を越えて経験する“出会い”と“別れ”、その思いを見つめたい。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル