top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

禅を通してゴルフを考える。「平常心を保つ」とはどういうことなのか

みんなのゴルフダイジェスト

禅を通してゴルフを考える。「平常心を保つ」とはどういうことなのか(C)みんなのゴルフダイジェスト

複雑化する現代社会。禅の教えから学ぶことは多く、ゴルフに通じるものも多い。2024年3月12日号の「週刊ゴルフダイジェスト」では、メンタルトレーナーの赤野公昭氏が師匠でもある禅僧の藤田一照氏と対談する様子を掲載している。メインテーマは「平常心」。ゴルフ上達だけではなく生き方のヒントも隠れているこの対談を、みんゴル読者にもお裾分け。

●話者プロフィール

●赤野公昭(あかのきみあき)

1972年岡山県生まれ。世界のアスリートを育てたアメリカのトップメンタルトレーナー、ジョセフ・ペアレント博士に師事。

広告の後にも続きます

日本古来の「禅」と欧米の最新理論を融合させた独自のメソッドでプロゴルファーやプロ野球選手などを指導する。現在も藤田氏のもとで禅の修行にも励んでいる。

●藤田一照(ふじたいっしょう)

1954年愛媛県生まれ。東京大学教育学部を経て同大学院で発達心理学を専攻。坐禅に出合い深く傾倒し28歳で博士課程を中退し禅道場へ。29歳で僧侶に。

33歳で渡米し17年半にわたり坐禅を指導する。現在も神奈川県葉山を拠点に広く(オンライン含む)坐禅の参究・指導にあたる。

禅の視点でみる「平常心」とは

赤野 平常心を仏教では「びょうじょうしん」と読むんですよね。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル