top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

ベジタリアンとは?ヴィーガンとの違いや飲食店の対応事例を紹介

訪日ラボ

近年よく耳にするようになった「ベジタリアン」という言葉。肉や魚を食べず、野菜だけを食べる人というイメージをもたれがちですが、ベジタリアンにもさまざまな分類があります。

世界のベジタリアン人口は増えている一方、日本でベジタリアン対応しているお店はまだ一般的ではありません。ベジタリアンの訪日観光客も増えているいま、ベジタリアンの意味や背景を理解し、相手に応じたサービスを提供することがインバウンド対策にもなります。

本記事はそもそもベジタリアンとはなにか、そしてどのように対応すればよいのかを解説します。


1. ベジタリアンとは

広告の後にも続きます

ベジタリアンとは、広義では肉や魚介類などの「動物性の食品」を口にせず、野菜や豆類を中心とした「植物性の食品」を中心に食べる人のことをいいます。

  • 動物性の食品:肉(ソーセージ、ハム、ベーコン、サラミなどの加工肉も含む)、魚(魚卵、貝、エビ、カニ、イカなどや、かまぼこなどの加工品も含む)、卵、乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト、アイスクリームなど)etc.
  • 植物性の食品:穀物(米、雑穀、麦)、野菜、豆、ナッツ、フルーツ、キノコ、海藻 etc.

日本ベジタリアン協会によれば、ベジタリアンの語源は「健全な、新鮮な、元気のある」という意味のラテン語「vegetus」に由来するそうです。日本では「菜食主義者」とも呼ばれます。

19世紀にイギリスのマンチェスター聖書教会の会員らによる、植物性食品を中心とした食生活をする運動をきっかけに世界中に広がっていきました。

1-1. ベジタリアンの種類

ベジタリアンは基本的に肉や魚介類は食べませんが、卵や乳製品を食べるかどうかは人により異なります。食べるものによって次のように分類されることがあります。


植物性食品乳製品

ラクトベジタリアン

×


  • 1
  • 2