top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】

サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

ヴィーガン(ビーガン)とは?ベジタリアンとの違いや種類などを徹底解説

訪日ラボ

訪日外国人の増加に伴い、よく耳にするようになってきた「ヴィーガン(ビーガン)」。自身が実践したいと考えている人もいれば、インバウンド客向けにヴィーガン対応をしようと検討している飲食店の担当者もいるのではないでしょうか。

ヴィーガンについて「何となく知っているけれど、実はよく分かっていない」「ベジタリアンとどう違うの?」という人も多くいるはずです。

本記事ではヴィーガン(ビーガン)の種類やメリット、ベジタリアンなどを詳しく解説します。


1. ヴィーガン(ビーガン)とは?

ヴィーガンとは動物性の食品を一切口にしない人たちのことを指し、日本語では「完全菜食主義者」ともいわれています。1900年代にイギリスで発祥して以降その数は増えていて、近年はアメリカやヨーロッパを中心に増加傾向にあります。

広告の後にも続きます

体質的に肉や魚が合わないという理由でヴィーガンを実践する人もいますが、多くは環境や動物を保護する目的、宗教上の理由により始めるのが一般的です。

日本では環境や動物への配慮のほか、美容やダイエットへの意識からヴィーガンを選択する人も少なくありません。

1-1. ベジタリアンとの違いは“動物保護”の観点

ヴィーガンと混同されやすい言葉として「ベジタリアン」が挙げられます。ベジタリアンは菜食主義者の総称といわれ、ヴィーガンはベジタリアンの一種といえます。

日本ベジタリアン協会によれば、ベジタリアンという言葉は、英国ベジタリアン協会が発足した1847年に初めて使われたとされており、ヴィーガンに先んじて広まったと考えられます。

ヴィーガンの場合、肉や魚はもちろん、卵や乳製品も含めて動物性の食品は一切口にしません。蜂から蜜を奪うことで得られる蜂蜜や、動物性成分が含まれるゼラチンなども摂取しないという人もいます。

1-2. ヴィーガンの種類

ヴィーガンがベジタリアンの一種であることは先述した通りですが、じつはそのほかにもベジタリアンにはさまざまな種類が存在します。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル