top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

アジアに旋風を巻き起こしたメガヒット作、「悲しみより、もっと悲しい物語」に見るひたむきな愛が放つ唯一無二の輝き

WEBザテレビジョン

近年盛り上がりを見せている台湾作品の特集をWEBザテレビジョンでも展開。本記事では、愛する人の幸せをひたすらに願う想いの強さ・美しさが胸を打つ珠玉のラブストーリー「悲しみより、もっと悲しい物語」を取り上げる。とにかく泣けると評判の本作の魅力にせまりたい。

■台湾のみならずアジア各国を感動の涙で包んだ珠玉のラブストーリー

2018年に公開されるやいなや、多くの観客が劇場へとつめかけたメガヒット作。第23回釜山国際映画祭のオープンシネマ部門でワールドプレミアとして上映された際には、5,000枚のチケットが発売からわずか数分で売り切れた。また、主演のリウ・イーハオとアイビー・チェンは、アジアでのこれからの活躍が期待される俳優・女優に贈られる「フェイス・オブ・アジア賞」を受賞している。

11月30日という年末になってからの公開だったにもかかわらず、その年の台湾の国内映画興行収入ランキングで1位を獲得。シンガポールとマレーシアでも、2018年アジア映画興行収入ランキング1位になるなど、大きな旋風を巻き起こした。さらに翌年3月には、中国でも中国大陸部映画興行週間ランキング1位を記録している。これは台湾映画として史上初の快挙だったという。

2009年にヒットしたクォン・サンウ主演の韓国映画のリメイク作品であることもあり、アジア各国からの注目度がもとから高かったことも好材料となった。本作の大ヒットを受け、2021年には新たな監督とキャストで再び同作品の台湾版リメイク作がつくられている。こちらは全10話のドラマ形式で、台湾を代表する歌姫のA-Linが映画版に続いて本人役で出演した。

■1つの曲をめぐってひも解かれる、美しく切ない愛のカタチ

「ある悲しみ」と名付けられた未発表曲を気に入った歌姫のA-Linが、作詞をした人と連絡を取ろうとしたことをきっかけに、曲の裏にあったラブストーリーを知ることになるという形で物語は進む。

デモを歌っていた音楽プロデューサーのK(リウ・イーハオ)は、16歳で1人暮らしを始めた。父親を亡くし、母親に捨てられてしまったからだ。生きることが何よりの悲しみだった彼は、学校のグラウンドで大胆にもタバコを吸っている少女に出会う。「ある悲しみ」の作詞者であるクリーム(アイビー・チェン)だ。

その場で恋に落ちたKは、自由奔放で明るいクリームと同じ大学に進学し、卒業し、ともに仕事をし、いくつもの季節を一緒に過ごしていく。天涯孤独のKと交通事故で家族を亡くして1人きりのクリームは、やがて身を寄せ合うようにして一緒に暮らし始めた。

クリームを心から愛していたKだったが、遠まわしにプロポーズをねだるクリームに「君には、早くイイ奴と結婚してほしい」と告げる。Kは病で亡くなった父と同じ白血病に侵されていて、自分の余命があとわずかであると知っていた。そのため、自分の想いを伝えることよりも、クリームが再び1人きりになってしまうことなく、幸せな人生を築いていける道を選んだのだ。

クリームはKの願いに応えるように、別の男性との結婚を決める。Kはこみあげる想いを押し殺して、ウエディングドレスをまとったとびきり美しいクリームを新郎へと託す。ここでKとクリームの物語は終わったかのように見えた。だが、そこには思いがけない「もう1つの物語」が存在していて……。

■とびきりキュートなクリームと笑顔のなかに悲しみを宿すKが魅力的

ストーリーも映像も美しいが、本作をメガヒット作に押し上げたいちばんの要因はやはり主演の2人にあるように思う。

Kを演じたリウ・イーハオは、えくぼのできる可愛い笑顔と優しくひたむきな眼差しで、「ぽかぽか男子」「台湾でもっとも萌える彼氏」などと呼ばれている。本作でもその本領を存分に発揮しているが、それだけにはとどまらない。監督のギャビン・リンは、リウ・イーハオを「笑顔のなかにも悲しみを込められる役者」と評している。愛するクリームと他の男性との結婚を後押しすることや悪化していく病に苦しみながら、彼女の前で笑顔を見せる繊細な演技が涙を誘う。

また、クリームを演じたアイビー・チェンは、拗ねたり笑ったりびっくり箱のようにクルクルと表情を変えながら、とびっきりキュートにクリームを演じた。また、彼女の泣きの演技は素晴らしいと共演者も絶賛している通り、泣き顔がとても自然で、演技っぽさや嘘くささを感じない。演じているときに「その人物はこの社会に本当に存在していて、出来事も今、実際に起きているんだと信じる」ことができれば、演技で泣くことはさほど難しくないとアイビー・チェンはいう。撮影現場では、わずか3秒で涙を流すという離れワザを100回以上も行い、監督や共演者を驚愕させたそうだ。

2人はKとクリームとして、作品のなかで何とも自然に存在している。他愛ない、だけれどもお互いにとって宝物のような日々を積み重ねてきたことが感じられる2人のあたたかな空気感が、物語をより美しく、切ないものにしているのだ。

■2人の愛にただただ泣ける、心震わす物語

とにかく泣けるという触れ込みの通り、途中から涙が止まらなくなった。孤独な2人が見つけたささやかだけれどもあたたかな暮らし、不治の病と余命宣告、相手の幸せを願って身を引く無償の愛という、よく見るベタなストーリー展開ではある。

Kの行動は身勝手な自己満足と断じることもできるし、クリームの結婚相手がいちばんかわいそうなのでは…などツッコミどころも多い。だが、Kとクリームのお互いを想う愛情の深さが痛いほど伝わってきて、細かいことは置いておいてただただ泣けるのだ。

終盤に向けて1つ大きな仕掛けはあるものの、本作は総じてとてもストレートな物語といえる。「台湾映画の傾向としては……」などと難しいことを考えず、見る側もストレートに物語を受け止めて、Kとクリームの愛が放つ唯一無二の輝きに思う存分涙を流してほしい。
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル