top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

豊川悦司がナレーションを担当!『インフィニティ・プール』妖しくも不穏な予告&場面写真

MOVIE WALKER PRESS

父デヴィッド・クローネンバーグ譲りの美的センスで、『アンチヴァイラル』(12)や『ポゼッサー』(20)など映画ファンを虜にする作品を生みだす鬼才ブランドン・クローネンバーグ監督の最新作『インフィニティ・プール』(4月5日公開)。このたび本作から、俳優の豊川悦司がナレーションを務めた予告映像と、妖艶な場面写真が一挙に解禁された。

高級リゾート地として知られる孤島を資産家の娘である妻と訪れたスランプ中の作家ジェームズ(アレクサンダー・スカルスガルド)。ある日、彼の小説の大ファンだという女性ガビ(ミア・ゴス)に話しかけられ、彼女とその夫と一緒に食事をすることに。意気投合した彼らは、観光客は行かないようにと警告されている敷地外へとドライブに出掛けるのだが、それが悪夢の始まりとなり…。


このたび解禁された予告映像では、美しいリゾート地リ・トルカ島で偶然出会った2組の夫婦と、島に隠された身の毛もよだつような残酷なルール、そして逃れられない悪のサイクルに囚われて堕落していくジェームズの姿が、豊川のナレーションに乗せて映しだされていく。豊川は今回のナレーションに際し「映画の雰囲気や世界観を膨らませるためにナレーションがあると思いますので、この予告編によってより多くの方が作品に興味を持ってくれたらうれしいです」とコメントを寄せている。

またあわせて解禁された場面写真には、サングラスをかけてくつろぐガビやバーでお酒を楽しむガビとジェームズのムーディーな様子から、ガビが歪で恐ろしいマスクを被った姿、ジェームズが“クローン作成”の型取りをしている奇怪な姿まで、本作の不可思議で恐ろしい世界観を感じ取れるシーンの数々が切り取られている。

アメリカではNC-17(17歳未満入場禁止)のレーティングを受けながらも、再編集によってR(17歳未満は保護者の同伴必須)での公開が叶った本作だが、日本では映倫の審査でR18+(18歳未満鑑賞不可)。スタイリッシュで刺激的な唯一無二のリゾートスリラーを、是非とも劇場で目撃してほしい。

文/久保田 和馬
 
   

ランキング(映画)

ジャンル