top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

ATP サウジ政府系ファンドと提携

テニス365


ATPとPIFが提携
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATPとサウジアラビアに拠点を置くパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)が28日、複数年にわたる戦略的パートナーシップを発表した。「ATP世界ランキング」の公式名称は今後「PIF ATP RANKING」となる。

>>西岡ら出場アカプルコ組合せ<<

パブリック・インベストメント・ファンドはサウジアラビアの政府系ファンドで、現在はムハンマド・ビン・サルマーン王太子が実質的な運営を行っており、サッカープレミアリーグに所属するニューカッスル・ユナイテッドの買収や、LIVゴルフの創設、そしてボクシングのタイトルマッチやF1にも参入している。

昨年からはテニス界にも本格的に参画し、年末に行われる21歳以下の最終戦Next Gen ATPファイナルズ(サウジアラビア/ジッダ、ハード)は2027年までジッダで開催されことが決まっている。

今後はNext Gen ATPファイナルズのみならず、インディアンウェルズやマイアミ、マドリッド、北京など「ATP1000」が行われる地域でも連携が図られることとなった。

ATPのCEOを務めるマッシモ・カルベリ氏は今回の提携について「PIFとの戦略的パートナーシップは、テニス界にとって大きな出来事だ。次世代への献身、つまりイノベーションの育成とすべての人のための機会の創出によって、変革の新たな進歩の時代への舞台が整っただろう」とコメントしている。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 発売>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル