top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

19歳フィス 完勝で今季3度目8強

テニス365


全豪OPでのフィス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのモビスター・チリ・オープン(チリ/サンティアゴ、レッドクレー、ATP250)は28日、シングルス2回戦が行われ、第3シードのA・フィス(フランス)が世界ランク73位のT・セイボスワイルド(ブラジル)を6-3, 6-3のストレートで破り、マッチ3連敗を阻止し初戦突破を果たすとともに今季3度目のベスト8進出を決めた。

>>ルーネ、チチパスらアカプルコ組合せ<<

19歳で世界ランク44位のフィスは今季、開幕戦となった中国銀行・香港・テニスオープン(香港/香港、ハード、ATP250)で8強入りすると続くASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、ATP250)では4強に駒を進めた。

好調のまま全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を迎えるも2回戦で敗れると、その後はIEB+アルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、クレー、ATP250)、リオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)と2週連続で初戦敗退となった。

今大会、上位4シードは1回戦免除のためこの日が初戦となったフィスはファーストサービスが入ったときに89パーセントの高い確率でポイントを獲得。1度のブレークを許すもリターンゲームでは4度のブレークに成功し1時間16分で勝利した。

勝利したフィスは準々決勝で世界ランク101位のP・マルティネス(スペイン)と対戦する。マルティネスは2回戦で第6シードのF・ディアズ=アコスタ(アルゼンチン)を7-6 (7-4), 6-7 (5-7), 6-1のフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第1シードのN・ジャリー(チリ)と予選を勝ち上がった世界ランク140位のC・ムーテ(フランス)が8強に駒を進めた。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 発売>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル