top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

岸田氏「政倫審」登場も広がる「困惑」 異例の新旧首相対決も…意義はどこに

J-CASTニュース

自民党派閥の裏金問題をめぐって2024年2月29日に開かれた衆院政治倫理審査会(政倫審)には、岸田文雄首相(自民党総裁)が出席し、立憲民主党の野田佳彦元首相が質問に立つ「新旧首相対決」が行われる場面があった。

立憲の泉代表は、その様子をXのスペース機能を使って「生解説」。岸田氏が政治資金パーティーを開いていることが「大臣規範」に触れると指摘されている問題では、野田氏の問いかけに対して、岸田氏は在任中は開かないことを明言した。泉氏は、野田氏の質問に「在任中やるのかやらないのか、ここは言うんじゃないですかね~」。岸田氏の答弁を受けて「この場があって、そして質疑があるから、1歩1歩、小さな話だが進んでいくということ」などと、政倫審の意義を説明した。

「かなり消化不良的な、総理のこれまでの答弁」

野田氏が岸田氏の出席について「強烈な違和感」を口にすると、泉氏も「違和感ですね」。立憲が岸田氏の出席を求めていなかったことを説明した。さらに、岸田氏の出席の狙いを

「岸田総理としては政倫審に出席したという事実をアピールしたい、ということが大きいのではないか。うまくいけば、この政倫審に出席したということをもって、予算の審議を前に進めたい…その意図をもって今回、総理は出席という判断をした、ということが見える」

などと解説した。冒頭の岸田氏の「弁明」で新情報が見当たらなかったことからも

「自らの弁明ということは、あまり目的にはなかったのではないか」

と推測した。さらに、

「今のところ新たな事実がないので、解説と言っても何か少し…いや、かなり消化不良的な、総理のこれまでの答弁」
とも指摘。「裏金議員」を党内で処分するかについての答弁では、
「長いですね、はっきり言っていただきたいですね」
「ほぼ回答なし、現状維持という感じですね」

広告の後にも続きます

と突っ込んだ。

「基本的に岸田総理、やっぱり呼ばれていなかった人物ですので…」

野田氏の質問は、岸田氏が開いてきた政治資金パーティーにも及んだ。大臣規範では、大規模なパーティーの自粛を求めているが、岸田氏は

「大事なのは説明。しっかり説明した上で大臣規範についても考えていく、これがあるべき姿」

となど答弁すると、泉氏は

「実質、大臣規範というものは、空文化していると、今、総理が言ったようなものだと思いますね」

と批判。岸田氏の出席に野党が困惑している様子もにじませた。

「基本的に岸田総理、やっぱり呼ばれていなかった人物ですので、各党、総理に何を問うのかというのは、かなりややこしい話だとは思いますね」

在任中のパーティー開催をめぐるやり取りでは、「在任中やるのかやらないのか、ここは言うんじゃないですかね~」。岸田氏が開かないことを明言すると、泉氏は、野田氏の質問がなければ「おそらくこの発言、岸田総理はしなかったと思う」。政倫審という場の意義を語った。

「この場があって、そして質疑があるから、1歩1歩、小さな話だが、進んでいくということになる」

新旧首相のやり取りの解説は、延べ500人が聞いていた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル