top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

人気YouTuber、柔道で中1女子に投げられ全治2カ月のけが

yutura

2月28日、「マナル隊」(登録者数107万人)が「【撮影中断】柔道の撮影でケガをして歩けなくなりました。」と題した動画を投稿しました。

柔道場で稽古に参加

マナル隊は、北海道出身で幼馴染の「だい」「たっか」「けーた」を中心とするグループYouTuberで、体を張ったコントが人気を集めています。今回の動画は「漢への道」というシリーズで、柔道教室で他の生徒と一緒に厳しい練習を体験する内容となっています。

けがをしないよう準備運動をした3人は、“かかり練習”の相手をしたり、黒帯の生徒から投げられたりします。たっかが中学生女子に寝技で完敗し、師範から「相手女子だよ?女子!女子に負けてるよ!」とハッパをかけられるシーンも。けーたは体格の良い数人の黒帯に囲まれると「本当に帰りたいんだけど」と弱音を吐きました。

半月板損傷で全治2か月の大けが

「そして事件は起きてしまう」とナレーションが入って場面が切り替わります。女子中学生とかかり練習するだいの姿が映り、次の瞬間、だいは完璧な背負い投げを決められました。畳の上で苦悶の表情を浮かべるだいは「何が起こったかわかんなかったんだけど」と突然のことに困惑しながら「マジで無理」などとコメント。しばらく経つと、「ほんとにマジで痛い」と訴え出したため、けーたとたっかから「中1の女の子に投げられてケガするってマジで面白い」「お前中1の女の子に負けんなや」とイジられながらだいは病院へと向かいました。

診察の結果、「半月板損傷ですね」と報告しただい。全治2カ月で、経過次第では手術の可能性もあるとのこと。激しい動きが制限されるため、「コント…大分穏やかになる」と呟き「安静にさせてもらいます」と話しました。

再生
 
   

ランキング(動画)

ジャンル