top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

急増した若年層へ若洲ゴルフリンクスが取った対策。打ち込みやスロープレーなどルールを知らない初心者ゴルファーをGPSナビで”誘導”。スタッフによる注意喚起も

みんなのゴルフダイジェスト

急増した若年層へ若洲ゴルフリンクスが取った対策。打ち込みやスロープレーなどルールを知らない初心者ゴルファーをGPSナビで”誘導”。スタッフによる注意喚起も(C)みんなのゴルフダイジェスト

コロナ禍により若年層ゴルファーが増えたのは喜ばしい限りだが悩ましい面もあり、その対策に追われるゴルフ場もある。

コロナ禍のゴルフ需要で、急増した初心者ゴルファー対策

1990年に東京都が施工し、開場した若洲ゴルフリンクスは、現在では年間約6万5000人(薄暮9ホールプレー含む)の入場者を擁する人気コースだが、令和2年から20〜40歳の利用者が毎年4%ずつ増えている状況だ。

言うまでもなくこの現象は、コロナ禍にあってアウトドアスポーツとしてのゴルフ需要の増加による。

このことはプレー人口の高齢化が進むゴルフ界にとって追い風となる一方、初心者の技術は未熟で、ルールやマナーの未習得、プレーファストおよび隣接ホールへの飛球の危険性などに対する理解が浅いことから、これらに対しての施策が必要になる。同リンクスではこれまで次のような取り組みをしてきた。

●隣接ホールへの打ち込みの恐れがあるホールではティーインググラウンド上に看板を設置し、カート常設のGPSナビ画面で注意喚起。またフェアウェイライン刈り込み向きの変更やティーマーク設置向き、IPフラッグ位置などを調整し、視覚的な方向を補正。

広告の後にも続きます

●スタートホールでスタッフによるコース説明や打球事故、プレーファストなど、安全かつ快適にラウンドするための諸注意。またGPSナビにマナー誓約(若洲グッドマナー宣言)をしてもらい、確認チェックがないと次の画像に進めない。

●場外飛球や隣接ホールからの打ち込みが発生する可能性が高いホールをスタッフで共有。打ち込みがどのように発生したか、所長や支配人、副支配人が現地を確認し、シミュレーションを徹底して行い、対策を検討。

そして今後予定されている取り組みは以下。

●適所にフォアキャディを配置していく。

●ハザードマップやアナウンスなどGPSナビを活用した注意喚起。

●ホームページ内でルールやマナーに関する動画を配信。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル