top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「特技の欄に書くことがない」10代の相談 “テレビでは100%使ってもらえない”特技があるこもり校長のアドバイスとは

TOKYO FM+

ラジオの中の学校、TOKYO FMの番組「SCHOOL OF LOCK!」(月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55)。2月27日(火)の放送では、パーソナリティのこもり校長(小森隼/GENERATIONS from EXILE TRIBE)とCOCO教頭(CRAZY COCO)が、「特技の欄に書くことがない」という12歳のリスナーと電話をつなぎました。こもり校長の経験からくるアドバイスなど、3人のトークを紹介します。



こもり校長:今夜の授業は……掲示板逆電! 開校当初から続く我が校のスタンダード授業です。今夜も生徒(リスナー)のキミと話をしていきます!

――12歳が話したいこと

このリスナーは現在中学1年生です。新学期になってクラス替えをしたらプロフィールを書かないといけないのですが、特技の欄に何も書くことがなくて困っているといいます。

――特技の概念って何!?

こもり校長:わかる~! 俺も、この年齢になってもめちゃくちゃ聞かれるの。

COCO教頭:いまだに?

こもり校長:いろんなアンケートで、「特技はありますか?」、「人に見せたことない特技はありますか?」、「これなら誰にも負けない特技はありますか?」って、マジでむちゃくちゃ聞かれるの!

COCO教頭:そっか! でも、ダンスがあるじゃない?

こもり校長:ダンスは特技じゃないよ!

リスナー:特技じゃないんですか?

こもり校長:ダンスは趣味だよね。踊るのが好きで、ダンスを見るのが好きで。だから、特技だとは思ってないんだよね。

COCO教頭:そうなんだ。

こもり校長:特技の概念って何だろうね?

リスナー:人生をかけて努力してできたもの、みたいな。つらいことを乗り越えて、身につけることができたもの、みたいな(笑)。

COCO教頭:でも……私が中1のときに特技にしていたことって、“鼻の穴をうまくふくらます”だったんだけど(笑)。

こもり校長:何それ!?(笑)。

COCO教頭:私もクラス替えをして、みんなの前で自己紹介するってときに、右の鼻の穴だけ奇麗に吸い込むとか……。

リスナー:みんなの前でやったんですか?

COCO教頭:全然やったよ。そんなレベルのものだと思ってた。だから、“特技”というものをめちゃくちゃ真面目に考えているね。ハードルが高くない!?

――特技を「#(ハッシュタグ)」だと考えてみる

リスナー:でも……僕は、本当に何もできないんです。

COCO教頭:ペン回しとかでもいいんだよ?

リスナー:ペン回しすらも……(笑)。

こもり校長:いや、わかるよ! 俺も特技を聞かれると困るし、自分って何もできないと思っているタイプだから、その悩みに共感するところはあるよ。

リスナー:よかった……! だから僕は、「特技がないことが特技」と言っちゃっています。

こもり校長:うんうん……「特技って何だろうな?」と考えたときに、俺は「#(ハッシュタグ)」だと思っているわけ。特技って、要は話題になるもの、目を引くものだったりするじゃん?

リスナー:はい。

こもり校長:例えば写真の投稿でも、見ただけではわからなくても、「#○○」と書いてあったら「そういう写真なんだ」って理解できたりするじゃない。だから、自分を表現すること(「#○○」)を特技にしたらいいんじゃないかな。

リスナー:なるほど。

こもり校長:だから、話せることなら特技にしてもいいんじゃないかな。(校長の場合は)テレビのアンケートで“特技をやってください”というときには、そういうのがないから、「僕は、すごくコーヒーが好きなんです。器具を用意してもらえれば、誰よりも上手くコーヒーを淹れることができます」と自信をもって言うわけ。

リスナー:ああ~!

こもり校長:だけど、テレビでは100%使ってもらえないわけよ。そんな長尺はとれないし、器具も用意できないし……そうやってその話はなくなるんだけど。これが俺を表現する「#」じゃない? 「小森隼 #コーヒーをうまく淹れられる」という。

リスナー:おお~……!

こもり校長:こういうのでいいんじゃないかな。俺は、みんなには引っかからないんだけど、自分を表現するもので、自信を持っているものを書く、ということは意識してる。

リスナー:なるほど!

こもり校長:自分に「#」を付けるなら、何だと思う?

リスナー:「#人よりちょっとだけ体がやわらかい」。

こもり校長:いいじゃん!

COCO教頭:めちゃめちゃいい特技あるじゃん!

こもり校長:それでいいよ! 自己紹介でそれを言われたら、ちょっと気になるよ!

COCO教頭:「見せて!」ってなるよ。

リスナー:よかった~(笑)。

こもり校長:特技って考えようだよね。2つ目の「#」も見つかるかもしれないね! その感じで、書いていくといいんじゃないかな。

リスナー:はい! 初めて自分の特技を「いいね!」って言ってもらって、すごく嬉しいです。一気に自信がつきました。

COCO教頭:嬉しい~……!

こもり校長:あと1ヵ月で新学期だけど、それまでに自分の「#」をもっと探してみてね!

リスナー:はい! ありがとうございました!



この日の放送では……
・「最近、仲がよかった子に避けられるようになりました。卒業までに仲直りしたいです」という中3
・「最近、部活のバスケが楽しいです。でも、今年度で顧問もコーチもいなくなるので、寄せ書きをして渡します」という中2
・「最近の悩みは、アルバイトを掛け持ちするかどうです。短期希望なのですが、田舎だから長期募集しか見つかりません」という高3
と電話をつなぎました。

—————————————————-
2月27日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月6日(水)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
—————————————————-

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル