top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

映画『ディア・ファミリー』大泉洋×月川翔監督、娘のために“命のカテーテル”開発に挑んだ父と家族の実話

FASHION PRESS

映画『ディア・ファミリー』が、2024年6月14日(金)に公開される。主演は大泉洋、監督は月川翔。

「娘を救いたい」一心で医療界を揺るがす奇跡を生み出した実話

映画『ディア・ファミリー』は、「娘を救いたい」という一心で医療器具の開発に挑み、後に医療界を揺るがす大きな奇跡を生み出した町工場経営者の、実話を映画化した作品だ。23年に及ぶ、家族の愛の物語が映し出される。

心臓疾患が致命的な病で合った1970年代、生まれつき心臓病疾患を持っていた幼い娘が「余命10年」だという宣告を受けたことから、小さな町工場を経営する父・宣政は人工心臓を作ろうと立ち上がる。知識、経験のない中でスタートした医療器具の開発は前途多難だったが、人工心臓・カテーテルの勉強に励み、有識者に頭を下げ、資金を用意して何年もその開発に時間を費やすのだった。

『ディア・ファミリー』の主人公、宣政のモデルとなっているのは、ビニール樹脂製品の町工場の経営者であった筒井宣政。余命10年を宣告された娘を救うために、すべてを投げうって「IABP(大動脈内バルーンパンピング) バルーンカテーテル」の開発に挑む。“命のカテーテル”誕生により世界で16万人もの命を救い、2019年には『文藝春秋』の連載「後列のひと」でも取り上げられた。

主演は大泉洋、娘のために“命のカテーテル”開発に挑む父親役

主演を務めるのは、映画『月の満ち欠け』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞の4度目の受賞を果たした大泉洋。監督の月川翔とは初タッグとなる。

大泉は『ディア・ファミリー』の出演に際し、「脚本を読んだ時『私の命はもう大丈夫だから、その知識を苦しんでいる人のために使って』という台詞に心を突き動かされました。自分も子供の親として、引き受ければとても苦しい撮影期間になるということは予想できましたが、娘の命を救いたいという一心で立ち上がり、絶対に諦めないこの家族の強さが観た人を必ずや勇気づけてくれると信じて、出演を決めさせていただきました」とコメントを寄せている。

主人公・坪井宣政…大泉洋
小さな町工場の経営者。娘の余命宣告を受け、医療にはまったくの門外漢ながら娘を救うために医療器具の開発を始める。

坪井陽子…菅野美穂
宣政を支える妻。宣政とともに人工心臓・カテーテルの勉強に励み、開発への道を模索する。

坪井佳美…福本莉子
心臓に先天的な疾患を抱える宣政の次女。幼い頃に「余命10年」を宣告される。

坪井奈美…川栄李奈
3姉妹を支える坪井家の長女。

坪井寿美…新井美羽
坪井家の三女で末っ子。

広告の後にも続きます

富岡進…松村北斗
坪井宣政と出会う東京都市医科大学の日本心臓研究所の研究医。寡黙で人とは距離を置く性格で、荒唐無稽な一家の挑戦を冷めた目で見ていたが、宣政の娘への愛情と絶対に諦めない強い心を目の当たりにし、影ながら研究を手伝うことになる。

監督は月川翔

映画『ディア・ファミリー』のメガホンを取るのは、『君の膵臓をたべたい』、『君は月夜に光り輝く』、『劇場版 そして、生きる』といった死生観にまつわる作品を世に送りだしてきた月川翔。キャスト陣とともに筒井家の面々と対話をしながら世界観を構築し、1970年代、80年代、90年代、2000年代と4つの時代を完全再現している。

なお、筒井家の歴史を紐解くような物語構成は、ノンフィクション作家の清武英利による緻密な取材リソースがもとになっている。清武英利は映画のモデルとなった筒井宣政と20年以上にわたり親交を重ねながら取材を続けてきた。脚本は、『』、『ラーゲリより愛を込めて』などを手掛けてきた林民夫が手掛ける。

【詳細】
映画『ディア・ファミリー』
公開日:2024年6月14日(金)
原作:清武英利「アトムの心臓『ディア・ファミリー』22年間の記録」(文春文庫)
監督:月川翔
脚本:林民夫
音楽:兼松衆
出演:大泉洋、菅野美穂、福本莉子、川栄李奈、新井美羽、松村北斗
配給:東宝

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル