top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

C.ルメール騎手は31勝でトップを堅守 月間15勝の戸崎圭太騎手が4位にランクイン【2月終了時の騎手リーディング】

SPAIA

ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)


主に障害戦で活躍してきた高野騎手は引退後に栗田徹厩舎で調教助手になる予定。2022年の落馬事故で大怪我を負った藤井騎手は、自身のキャッチフレーズで何事にも諦めず挑戦し続ける「FUJIIチャレンジ」の気持ちを強く持ってリハビリに励んできたが、復帰は叶わなかった。騎手人生はここで幕を閉じることとなったが、海外を渡り歩いた豊富な経験と語学力を武器に、藤井騎手にしかできない新チャレンジを私たちに見せ続けてくれることだろう。

ライタープロフィール
三木俊幸
編集者として競馬に携わった後、フリーランスとなる。現在はカメラマンとしてJRAや地方競馬など国内外の競馬場を飛び回りつつ、ライターとしても執筆している。

《関連記事》
・【弥生賞】高額馬ダノンエアズロックは消し ハイブリッド式消去法
・【弥生賞】のちのGⅠ馬を撃破したダノンエアズロックが参戦 参考レース振り返り
・【弥生賞】過去10年のレース結果一覧

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル