top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

佐々木蔵之介、津田健次郎の狂気の演技に興奮「きたー!!でもいい声やなぁ。色っぽいなぁ」<映画 マイホームヒーロー>

WEBザテレビジョン

佐々木蔵之介が主演を務めたドラマ「マイホームヒーロー」(2023年、MBS系)の最終回から7年後が舞台となる「映画 マイホームヒーロー」が、3月8日(金)に公開される。公開に先駆け、主演の佐々木、津田健次郎が登場するキャスト・リレーインタビューPVが公開された。

■「映画 マイホームヒーロー」とは

2023年10月より、MBS/TBSドラマイズム枠で放送されたドラマシリーズ「マイホームヒーロー」(ディズニープラスで配信中)は、どこにでもいる普通の父親・鳥栖哲雄(佐々木)が娘・零花(齋藤飛鳥)に危害を加えようとした彼氏を殺してしまうことから始まる。

哲雄は妻である歌仙(木村多江)と共に家族を守るため、遺体の処理や殺した彼氏が所属する半グレ犯罪組織に狙われながらも家族を守るための“命がけの騙し合い”を繰り広げることになった。

ドラマから7年後が舞台となる「映画 マイホームヒーロー」では、鳥栖家に息子の明(石塚錬)が生まれ、零花は大学生から刑事に。家族の中にも大きな変化がある中で、土砂崩れによって哲雄が埋めた死体が発見され、いきなり大ピンチを迎えるところから物語は始まる。

■佐々木・監督・原作者も津田の演じるラスボス・志野を絶賛「いいキャラになったことに感謝」

津田が演じる半グレ組織のトップ・志野は、映画から登場する癖の強いキャラクターだ。佐々木は、「ドラマでは吉田栄作さんがクセ強だったのですが、映画になってさらにクセ強な方が登場された」と、津田の印象について語る。「(キャラクターを)面白く作ってきはったな」と感激したことを明かした。

青山貴洋監督の「新しい悪役像を作りたい」「(志野のキャラに)クセをつけたい」というリクエストに応え、その場のアドリブでキャラ案を出し絶賛された津田。”クセ強”なキャラクターの役作りについて、「そんなリクエストをもらえるなんて本当に光栄で(志野を演じて)とても楽しかった」と演技を心から楽しんでいる様子を見せた。

そんな津田の演技を見た佐々木は、「きたー!!でもいい声やなぁ。色っぽいなぁ」と、声優としても活躍する佐々木の声に魅了されたことを明かした。哲雄の血を舐める狂気のシーンでは、「舐めたもんなあ~!」と現場で思わず言葉に出てしまうほどの圧巻の演技だったと語る。

原作の山川直輝も、「志野を演じられた津田健次郎さんの怪演により、全体のクオリティを大きく上げていただいたと思います。脚本執筆時、原作に志野がまだほとんど登場していなかったため、実写版のスタッフの皆様にほぼオリジナルで1から作り上げて頂いて、あのいいキャラになったことに感謝しています」とコメントを寄せており、原作者も納得のキャラクターに出来上がった。また、原作の朝基まさしも「出来上がった映画は真摯に、誠実に、丁寧に作られた作品だと思います。観た人の心に届く一本になれば嬉しいなぁ」と映画の公開に向けて期待を寄せた。


 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル