top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

かつては流刑地だった!順徳天皇や日蓮聖人も配流、金銀の採掘も行われた「佐渡島」の歴史

Japaaan

新潟県の西部に位置し、日本海にある「佐渡島(さどがしま・さどしま)」。国の天然記念物にも指定されている「トキ」が有名であり、観光に訪れたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな佐渡島ですが、その歴史について、みなさんはどのくらい知っていますか?悠久のときを刻む佐渡島。調べてみると、深い歴史と豊かな文化が残っていました。

佐渡の歴史はかなり古い

佐渡の歴史は非常に古く、遺跡の出土品などから1万年前から人が住んでいたことがわかっています。佐渡・金井地区の千種遺跡からは弥生時代後期とされる石器や狩猟用具が見つかっています。

また、歴史書『古事記』には「佐度島(さどのしま)」という記述があります。

奈良時代には一国に、そして流刑地に

奈良時代には佐渡は一国とされ、流刑地となっています。

広告の後にも続きます

※関連記事:

日本で最初の島流しは5世紀。あらためて知りたい「島流し・流罪」の歴史

蟄居、島流し、切腹など江戸時代の武士への刑罰にはどんなものがあったの?

中世末までで、流刑された人の数は記録に残っているだけで70人ほど。都での政争に敗れた人々が流されてきました。

たとえば、承久の乱で敗れ1221年に配流された順徳天皇(じゅんとくてんのう)。配流後22年を佐渡で暮らし、京都へ帰ることを望んでいましたが、それもかなわず佐渡で崩御しています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(おでかけ)

ジャンル