top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

めちゃくちゃ気になっていた『落下の解剖学』が重い → これは、しんどい。なんとしんどい映画…

ロケットニュース24

今年のアカデミー賞(受賞作の発表はまだだが)とゴールデングローブ賞には、まだ日本で公開されていないことが余りにもどかしく感じられる作品が多かったように感じる。

『落下の解剖学』もその1つ。2024年2月23日から、ようやく日本でもう公開に至った本作。私も視聴したのだが……映画でこの疲労感はなかなか無い。しんどすぎて老いた気がする。

・落下

本国では『バービー』や『イコライザー THE FINAL』などと同じ時期に公開されていた『落下の解剖学』。

映画の内容は不明なまま、なかなかないくらいの良い評判だけが日本に届くという状況。

日本に来るのが遅い点で同様の『オッペンハイマー』については、原爆と日本ということで事情が理解できるためまだしも、こっちはどうしてまだ来ないんだ……! と。

広告の後にも続きます

私は皆さんよりもだいぶ幸運なことに、オンライン試写にて1ヵ月ほど早く視聴する機会を得ていた。

本当はもっと早く、公開日である23日辺りにレビュー記事を仕上げておくつもりだったのだが、この映画を見ると精神的な体力がごっそりと持っていかれるのだ……!

見終わってから何か一仕事しようと活を入れるのは、だいぶ厳しい。なぜこの映画はこんなにも “しんどい” のか?

・ストレスフル

まずは、楽しみを損なうタイプのネタバレにはならないよう配慮しつつ本作のあらすじを記そう。

舞台はフランス。主人公である作家のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー演)が、自宅で女子学生にインタビューを受けるところから始まる。

そこで唐突に爆音で流れはじめる、50セントの「P.I.M.P」のインスト版。どうやら、これはサンドラの夫による嫌がらせらしい。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル