top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

ハマス最高指導者、イスラム教のラマダン初日に聖地へ行進呼びかけ

ABEMA TIMES

 イスラエルとの戦闘を続けるハマスの最高指導者・ハニヤ氏が、イスラム教の断食月(=ラマダン)初日にエルサレムの聖地へ行進するよう呼びかけ、情勢悪化の新たな懸念が出てきました。

【映像】ハマスの最高指導者のビデオメッセージ

 ハマスが28日に公開したビデオメッセージの中でハニヤ氏は、「我々が交渉で示している柔軟性は、同胞の命を守るためだ」と述べ、イスラエルとの戦闘休止案をめぐる協議で、なんらかの譲歩をしたことを示唆しました。

 その一方で、レバノンの「ヒズボラ」やイエメンの「フーシ派」に共闘を続けるよう呼びかけるなど、戦闘を継続する用意がある考えも示しました。

 また、パレスチナ人に対し3月11日ごろから始まるイスラム教の断食月(=ラマダン)の初日に、エルサレムにある聖地アルアクサ・モスクへ向け、行進するよう呼びかけました。

広告の後にも続きます

 イスラエル政府は今週、ラマダン中の聖地について必要があれば信者の礼拝に制限を設けると発表しており、新たな衝突が懸念されます。

 ここ数年、宗教心が高まるラマダンに入ると、聖地周辺でのいざこざをきっかけとして、パレスチナ人とイスラエル治安当局の大規模衝突が発生しています。(ANNニュース)

 
   

ランキング

ジャンル