top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

3児のママ・藤本美貴の”兄弟ゲンカの止め方”に「すごーい!」の声! 我慢しがちな上の子にかける一言とは

ABEMA TIMES

 タレントの藤本美貴が、2月28日(水)放送の『夫が寝たあとに』に出演。子どもの兄弟ゲンカの止め方を明かした。

【動画】ミキティ流“兄弟喧嘩の止め方”

 同番組は、3児のママである藤本美貴&横澤夏子がMCを務め、ゲストと共に”ママの本音”を話すトークバラエティ。育児や家事、普段パパに思っていることなど、ママ同士だからこそ共感できる本音を語り尽くす。今回は、2児のママである安田美沙子がゲストとして登場し、ママトークに花を咲かせた。

 6歳と3歳の兄弟が毎日ママの取り合いで大ゲンカし、困っているという安田。子どもたちは朝起きるとすぐに安田のところへやってきて、「僕の方が好き!」とケンカを始めるという。取り合われるのは親として嬉しい反面、ケンカは殴り合いをするほど激しくなるといい、安田は「もう叫ぶしかなくて。どうやったら終わるんだろう」とこぼした。

 安田の悩みに、横澤も「うちもめちゃくちゃケンカしてる」と共感。4歳の長女が、遊び終わったおもちゃを「まだ遊んでる」と言い張るといい、次女がおもちゃで遊ぼうとすると、「それ私が遊んでたの!」とケンカに発展するという。「今遊んでないものは、誰でも遊んでいいものになるんだよ」と長女に言い聞かせても、まだ理解できていないといい、「”まだ遊んでるおもちゃ”の山がすごい」と嘆いて笑いを誘った。

広告の後にも続きます

 安田は、次男がまだ幼いために「上の子が我慢することが増えちゃう」と長男を心配している様子で、「我慢させるのはかわいそう」と吐露。横澤も「どっちの肩を持てばいいかわかんないですよね」と、仲裁のむずかしさを語った。

 藤本家には、11歳の長男、8歳の長女、4歳の次女がいるが、末っ子の次女はまだケンカの加減がわかっていないという。そのため、兄妹ゲンカで長男らが我慢をするような場面では、藤本は次女に「ダメだよ」と注意した上で、長男らに「(次女は)もうちょっとわかるようになったらちゃんと怒るから。今我慢してくれてるのはわかってる」と伝えるという。

 我慢している長男長女の気持ちに寄り添うミキティ流の仲裁術に、横澤と安田は「すごーい!」と称賛。「段階をちゃんと説明するんですね。まだ通じないかもしれないから」「たしかに~!」と納得している様子だった。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル