top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

珍記録?9セット連続タイブレーク

テニス365


フルカチュ(全豪OP)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)は28日にシングルス2回戦が行われ、第3シードのH・フルカチュ(ポーランド)が世界ランク68位のC・オコネル(オーストラリア)を7-6 (7-5), 6-4のストレートで下し3年連続4度目のベスト8進出を果たした。

>>西岡 良仁vsドレイパー 1ポイント速報<<

>>西岡 良仁、ルーネらアカプルコ組合せ<<

世界ランク8位のフルカチュが同大会に出場するのは6年連続6度目。最高成績は2022年の4強で、2019年と昨年は8強入りしている。

今大会は1回戦で同25位のJ・シュトルフ(ドイツ)を下し2回戦に進んだ。

2回戦の第1セット、両者ともに相手にブレークポイントを与えずにキープを続け、タイブレークに突入する。タイブレークではフルカチュが2度のミニブレークに成功し、このセットを獲得した。

続く第2セット、フルカチュは6本のサービスエースを決め、ファーストサービス時に93パーセントの確率でポイントを獲得。このセットも相手にブレークポイントを与えずにキープを続けると、リターンゲームでは第7ゲームでこの試合初のブレークに成功し、1時間32分で準々決勝進出を果たした。

なお、以前からフルカチュの試合はタイブレークが多いとファンの間で話題になっていたが、フルカチュは今月出場したABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)1回戦の第2セットからこの試合の第1セットまで、9セット連続でタイブレークをプレーするという珍記録を樹立。第2セットが6-4であったため10セット連続とはならなかったが珍しい記録となった。

勝利したフルカチュは準々決勝で第5シードのU・アンベール(フランス)と対戦する。アンベールは2回戦で同67位のA・マレー(イギリス)を下しての勝ち上がり。

【フルカチュの直近4試合】
ABNアムロ世界テニス・トーナメント
1回戦 フルカチュ 6-3, 6-7 (9-11), 7-6 (11-9) J・レヘチカ(チェコ)
2回戦 フルカチュ 7-6 (7-5), 6-7 (5-7), 6-7 (4-7) T・フリークスポール(オランダ)

ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権
1回戦 フルカチュ 7-6 (7-5), 6-7 (4-7), 7-6 (8-6) シュトルフ
2回戦 フルカチュ 7-6 (7-5), 6-4 オコネル

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル