top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

クラブの重さとバランスをとる為の体幹の動きとは?【ゴルフ当たる!飛ばせる!スウィング解剖図鑑/奥嶋誠昭】

ラブすぽ

クラブと引き合いながら前後のバランスをとる

【部位】体幹 【機能】前後に動く

重心位置の動き方も人によって違う

体幹のもうひとつの動きは前後の動きです。これも骨盤、胸郭の中心がどう動くのかのデータがあります。P1で骨盤の中心は、くるぶしの真上。胸郭の中心は土踏まずの上。前傾しているのですから当然胸のほうが前にあるわけです。大まかに説明するとバックスイングでは、骨盤は後ろに動き、胸郭は前に出ます。クラブの動きの影響も受けながら、前後のバランスをとって動いていると言えるでしょう。ただし、その動きの幅は骨盤でP2で1・4センチです。わずかな動きです。

ダウンスイングでは骨盤が微妙に前に出るのに対し、胸郭の中心は後ろに引けます。P7で後ろに5・9センチ引けています。胸郭の中心より上が前傾して前に出ているため、そうしないと、ボールの位置に合わせてヘッドを振れないためとも言えます。前後の動きについては、足圧測定のデータも参考になります。スイング中の重心の動きとして読み取ることもできるデータと考えられますが、それを見ると、プロでもまったく千差万別なのです。トップでの重心が土踏まずの人もいれば、拇指球やカカトの人もいます、ダウンスイングで右足から左足に体重を乗せる際に、ツマ先側に重心を動かして左カカトに乗る人もいれば、真っすぐ平行移動の人もいたりで、理想値というものがありません。この点についても「前後にも動ける状態にしておく」という意識でいればいいと思います。

●P3以降胸は前に動き骨盤中心は後ろへ

P3以降P4までの間に、胸が元の位置よりも前に出てくる。回転軸よりも背後に上がったクラブの重さとバランスをとるため、体幹の中心は自然に前後にも左右にも動く。

●骨盤・胸郭の中心の位置=前後の変化

(単位はcm、小数点以下2位で四捨五入)

広告の後にも続きます

出典:『ゴルフ当たる!飛ばせる!スウィング解剖図鑑 イラストでわかる身体とクラブの正確な使い方』著/奥嶋誠昭

【レッスンプロ情報】
●奥嶋誠昭
1980年生まれ。ツアープロコーチ。アマチュアゴルファーからツアープロまで最先端機器を使ったバイオメカニクス(動作のコツを解析する)をもとに、ゴルファーの要望に合ったスイングづくりに定評がある。JGTOツアープレーヤー。2020―2021年国内女子ツアー賞金王、東京五輪銀メダリストの稲見萌寧など、数多くのトッププロ選手の指導実績を持つ。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル