top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

田中圭・吉田鋼太郎・林遣都ら“おっさんずファミリー”、クランクアップを報告「やっぱりこの3人だな!」

ABEMA TIMES

 新婚生活を送る春田創一(田中圭)&牧凌太(林遣都)のもとに、家政夫の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)が乱入し、周りの人々を巻き込みながら“家族になるとは一体どういうこと?”“そもそも結婚って何?”と新しい愛のカタチを模索していく爆笑胸きゅんホームドラマ『おっさんずラブ‐リターンズ‐』。最終回の放送が明日に迫る中、キャスト陣がクランクアップ。オールアップ直後に、田中圭、吉田鋼太郎、林遣都、井浦新、三浦翔平を直撃した最新コメントをたっぷりお届けする。

【映像】余命1カ月の家政婦・武蔵、ラスト1分で衝撃シーン

■「やっぱりこの3人だな!」田中圭&吉田鋼太郎&林遣都がついにクランクアップ

 吉田鋼太郎がクランクアップを迎え、いざ撮影を終えた感想を語り始めようとした瞬間、「部長ぉ~!」と花束を抱えた田中圭が登場。すると吉田は「あー!隠れてたな(笑)」とニコニコで、2人はガッツリとハグを交わす。そして記念写真の撮影では、田中、吉田、林の3人が勢揃いし、吉田は「遣都が戻ってきて本当に良かった。やっぱりこの3人だな!」としみじみ語っていた。

 また、林のクランクアップでは、田中が「牧ぃ~! 遣都、お疲れ!」と花束を渡してハグ! 林は、涙をこらえるように言葉に詰まりながらも、「『おっさんずラブ』に対する想いや、皆さんに対する想いが強すぎて、いつまででも話せるんですけど…」と、作品への愛をたっぷり語り、「本当に絆が深くて、改めて自分にとって特別なチーム」「本当にこの作品に出会えて、キャスト・スタッフの皆さんに出会えて、そして牧凌太という役に出会えてよかったなと心から思っています」と感無量の様子。

 そして、林と同じシーンで撮影を終えたのが座長・田中圭。田中もまた林をぎゅーーっと抱きしめ、「ご褒美みたいな毎日でした」とかみしめるように一言。最終話では「一生忘れないな」と思ったシーンがあるそうで、「心が通う瞬間が本当にいっぱいあった」「春田をやってきて良かったなと、心の底から思った」とチーム一丸となって駆け抜けた撮影期間に思いを馳せた。そして、「皆さん、本当にお疲れさまでした! めちゃくちゃ楽しかったです」と、深々とお辞儀をして感謝を伝えた。

■「田中圭を実は心配していた」と語った井浦新、俳優を超えた人間力に感動

広告の後にも続きます

 クランクイン前、「すでに出来上がっているチームに入るのがプレッシャーだった」と語っていた新キャスト・井浦新&三浦翔平もクランクアップ。撮影終了直後、涙を仕込むフリをしてみんなを笑わせた井浦には、春田&秋斗の2役で共演した田中から花束が贈られた。「僕たちが入りやすいように現場を作って、受け止めていただいて本当にありがとうございました」と語り始めた井浦。「ひとりひとりに言いたいことがたくさんあるので、それはまたゆっくり…」と言いつつ、「でも圭くんにはちゃんと伝えたくて…。」と、実は俳優田中圭を心配していた時期もあったと告白。けれど「おっさんずラブ」の現場の中心にいる田中圭の姿を見てその想いは変わったと伝えると、田中圭の目にもうっすら涙が。「圭くんが座長の『おっさんずラブ』に参加できて本当によかった! 俳優を超えて、田中圭くんの人間力にみんなが吸引されていることを実感しました。素晴らしい一座を作ってくださってありがとうございました」と、真摯に語る姿が印象的だった。

 そんな井浦は、三浦のクランクアップ現場に駆けつけ、花束を手に猛ダッシュ…からのジャンピングハグ!クランクイン時のサプライズと同じ「和泉からの優しさ」に、ついつい少年のようにはにかんだ三浦は、「最初は少なからず緊張していたんですが…」と言いつつも、「圭くんしかり、鋼太郎さんしかり、遣都しかり…自分にないものをいっぱいもっている方ばかりなので、それをたくさん吸収させていただきました」とコメント。

 ヒロイン・吉田は最後に「ぜひまた『おっさんずラブ‐リターンズ‐リターンズ』でお会いしたいと思います。なにも決まっておりませんが(笑)、「やって!」というお声をいただけるとうれしいです。」と続編への気合も語り、田中をはじめキャストたちも「やりましょう!」と力強く応じる一幕もあった。

田中圭(春田創一・役)コメント

――クランクアップを迎えた今のお気持ちは?

すごく楽しくて緊張感もある、ご褒美みたいな毎日でした。『おっさんずラブ』という作品で、このキャスト・スタッフで過ごす毎日は、楽しくて刺激的で緊張感もあって、毎回チャレンジャーのつもりで撮影に臨んでいました。とんでもなく疲れる時もありますが、現場に来るとみんなに癒やされるという不思議な体験をしていました。応援してくださる視聴者の方がたくさんいることがわかっていたからこそ、キャスト・スタッフみんなで走り切れたのではないかと思います。

――5年ぶりにレギュラーキャストの皆さんが集まりましたが、いかがでしたか?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル