top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

人生最期の日に天使と出会った少女が過ごす1日を描く 伊林侑香監督『祝日』5月公開決定

Real Sound

『祝日』©「祝日」製作委員会

 伊吹一が脚本を手がけ、伊林侑香が監督を務めた映画『祝日』が、5月10日より富山県で先行公開、5月17日より全国公開されることが決定した。

参考:『この素晴らしき世界』最終話で回収されたあらゆる伏線 若村麻由美の芝居の凄まじさ痛感

 本作は、家庭や学校など今の環境で育つ学生たちの問題をモチーフに「生きること」を考えるテーマで描き、オリジナル脚本にしたためたもの。2022年に公開された『幻の蛍』でデビューを果たした富山県出身の映画監督・伊林と、第33回フジテレビヤングシナリオ大賞で佳作を受賞した伊吹が再タッグを組んだ。撮影には『幻の蛍』に参加した富山出身スタッフが多数集結し、全編オール富山ロケで撮影されている。

 中学2年の奈良希穂は、中学に入ってからずっと一人暮らしをしている。優しかった父は死に、母は希穂の前から姿を消した。怒ることも泣くこともなく、毎日野菜ジュースとプリンだけを口にし、それでも人間はなかなか死なないものだと思いながら日々を無為に過ごしていた。いつものように登校すると、正門に「本日は、祝日につき、休校」の看板が出されていた。一度は学校に背を向けた希穂だが、何かに突き動かされるように校舎の屋上へと向かう。そして眼下のアスファルトへ一歩踏み出そうとした瞬間、誰かが手を掴んだ。“希穂とずっと一緒にいた天使”だと言い張る、自称天使だった。いつもの街での数奇な出会いが希穂の心を少しずつ揺り動かす。何も感じなかった世界は「最期の一日」を生きることで変わっていくーー。

 主人公・奈良希穂を演じるのは、撮影地である富山県で200人以上のオーディションを見事に勝ち取った新人の中川聖菜。希穂と共に最期の1日を過ごす自称天使を、『妖怪大戦争』『シムソンズ』『フィッシュストーリー』などに出演し、富山を舞台にした坂本欣弘監督作『真白の恋』で第32回高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞した岩井堂聖子が演じる。

広告の後にも続きます

 そのほか、2人が出会うへんてこな人たちとして、生き別れた幼かった娘に再会できる日を夢見るマジシャンを西村まさ彦、娘と妻を事故で失い喪服を脱ぐことができなくなった中華屋の店主アフロさんを芹澤興人、忘れられない人をずっとずっと待ち続けているカフェのお姉さんを中島侑香がそれぞれ演じる。

 主題歌は、『転校生さよならあなた』『0.5ミリ』の主題歌を担当した寺尾紗穂による「記憶」に決定。音楽にはモリマツコウスケ、撮影には渡辺浩章が参加している。

 あわせて予告編、ポスター、場面写真も公開。予告編は、奈良希穂(中川聖菜)が学校の屋上から飛び降りようとしていたところを、自称天使(岩井堂聖子)が引き留める場面から始まる。そして、明日死ぬという共通点を持った2人が“最期の一日”のために思い出作りに出かける様子も。映像には、思い出作りの過程で2人が出会うマジシャン(西村まさ彦)やアフロさん(芹澤興人)らの姿も映し出されている。

 ポスターでは、白線の上を綱渡りのように歩く奈良希穂と自称天使の姿が切り取られており、「人生最後の日に天使と出会った、なんとなく、信じてみた。」のキャッチコピーが添えられている。

 場面写真では、人生最期の日に天使と出会った奈良希穂が、へんてこな人たちと過ごす1日の様子が切り取られている。

コメント
中川聖菜(奈良希穂役)
この映画が初の主演映画でした。奈良希穂を演じて、嫌なことや辛いことがあっても、命は1番大切にしないといけないということを改めて考えさせられました。
自分自身も今まで生きてきて嫌なことは沢山ありましたが、改めて命を大切にしようと考えれたのは彼女を演じる機会をいただけたからだと思っています。
このような機会をくださり、またこの作品を通して関わって下さった皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。そしてこの作品を是非、沢山の方々に見てもらえることを願っています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル