top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

「もっと荒れるかと思った」なぜ内田篤人はなでしこJに敗れた北朝鮮を“意外”と評したのか「危険なシーンもありましたけど…」

SOCCER DIGEST Web

「もっと荒れるかと思った」なぜ内田篤人はなでしこJに敗れた北朝鮮を“意外”と評したのか「危険なシーンもありましたけど…」(C)SOCCER DIGEST Web
 2月28日に国立競技場で開催されたパリ五輪・アジア最終予選の第2戦で、日本女子代表は北朝鮮と対戦。サウジアラビア開催の第1戦をスコアレスドローで終えていたなか、2-1で勝利し、オリンピックの出場権を手にした。

 25分にDF高橋はなのゴールで先制したなでしこジャパンは、前半終了間際の大ピンチを、GK山下杏也加のビッグセーブで防ぐ。後半に入って、76分に藤野あおばのヘッド弾で加点し、その5分後に1点を返されたものの、何とかリードを守り切った。

 同日に放送されたテレビ朝日系列の「報道ステーション」に出演した元日本代表DF内田篤人氏は、相手チームについて、「北朝鮮の選手はよかった。ゴールに何回も迫ってきたシーンありましたし、一つのターンをとっても、身体の入れ方、細かいところを見れば、非常に手強い相手でした」と分析した。
【PHOTO】重要な一戦に勝利しパリ五輪行きの切符を掴む!笑顔溢れるなでしこジャパンを厳選してお届け!
「北朝鮮の選手は非常にモチベーションが高かったですね。もっと試合は展開的に荒れるのかなと思ったんですが、危険なシーンもありましたけど、意外にと言ったらあれですけど非常にフェアプレーを心がけてくれていました」

 日本を代表する名SBは、自身の経験も交え、「僕も北朝鮮とプレーしたことありますけど、独特で、やっぱり自分の国に対する思いっていうのは非常に強い人たちです。非常に良いゲームというか痺れるゲームでしたね」と試合を振り返った。

 難敵との2試合・180分間の激闘を制したなでしこジャパンは、パリでのメダル獲得を目ざす。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】日本の守備は堅かった」「北朝鮮は問題に直面」なでしこJの五輪出場を中国メディアも注目!“山下の1ミリ”には疑念「ゴールラインを割っていたのではないかと疑問が残る」
 
【記事】「日本側に偏った判定が見受けられた」北朝鮮指揮官が日本戦の判定に不満「ゲストの私たちをもう少し尊重しても…」

【記事】すげぇー! まじか!」なでしこJがパリ五輪出場を決めた裏カードでオーストラリアが“10―0爆勝”にネット衝撃!「日本の回避策は正解だった」
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル