top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「テオくん頑張れ」に苦言を呈したスカイピース・テオくん、自身の“セクハラ武勇伝”を掘り返されてしまう

yutura

SNSで流行している「テオくん頑張れ」というフレーズについて「スカイピース」(登録者数459万人)のテオくんが苦言を呈したところ、自身の“セクハラ武勇伝”が掘り返される事態となっています。

「テオくん頑張れ」がトレンド入りするも「集団でのいじめ」と苦言を呈す

ことの発端は今年1月、X(旧ツイッター)で突如「テオくん頑張れ」がトレンド入りしたことです。元ネタとなっているのは、昨年2月に公開されたスカイピースのラップ動画です。これは「加藤乃愛」(同53万人)とテオくんの交際発表を記念したYouTuber仲間たちからのお祝いラップで、後半部分に「テオくん頑張れ」というフレーズを連呼するシーンがあります。1年近く経過したこのタイミングでなぜトレンド入りしたかは不明ですが、TikTokで音源が作られるなど「テオくん頑張れ」は一大ブームとなりました。

これにテオくん本人が困惑しつつも乗っかる動きを見せたところ、「本人が乗っかってきて大冷め」「このネタは本人が自虐するとつまらなくなる」と、テオくんを突き放すようなコメントが多数寄せられることに。今月23日に公開した動画の中で、こうした風潮について「あ、もう大いじめやん。と思って」「僕がイジりって言えばイジりですけど、僕がいじめって言ったらいじめですからね」と苦言を呈しました。

さらに「コムドット」(同381万人)のリーダー・やまともこの騒動に加勢。「そもそもこのムーブメント何も面白くないし、これを面白いと思ってるならそのチンケで惨めな人生に同情するよ」「人の心を集団で蝕んで何が楽しい?」と投稿し、「テオくん頑張れ」の流行は「何も面白くない」と不快感をあらわにする事態となっていました。

関連記事
スカイピース・テオくんが本音を吐露 「テオくん頑張れ」は集団での“いじめ”
Xで「テオくん頑張れ」が突如トレンド入り 1年前のラップ動画にツボる視聴者が続出?

過去のセクハラ発言が掘り返される一方、「#ておちゃんを守るよ」もトレンド入り

広告の後にも続きます

テオくんの「いじめ」発言を受け、ネット上ではテオくんが披露したセクハラ武勇伝が掘り返され、「お前がやってる事の方がよっぽどイジメだよ」と批判の声が上がる事態となっています。

テオくんは2022年にコムドットとコラボした際、中学時代に3年間同じクラスだった幼なじみの女子生徒のおっぱいをずっと揉んでいたなどと笑いながら語っていました。「後ろからガってブラ持って、うぃいい!って俺やって」と胸を掴んでいたといい、女子生徒は「やめて!」と声を上げていたとも明かしています。そして「楽しいよな、学校って」としみじみと振り返っていました。

この当時も多くの批判を浴びており、テオくんは釈明動画を投稿。頭を下げつつも「またおっぱい揉ましてください」と目を剥いていました。この件が再び掘り返されることとなり、ネット上では「人に対してやりたい放題やっておいてこれだもんな。打たれ弱い身勝手な感じしかしない」などといった声も上がっています。

一方、これと前後してX上では「#ておちゃんを守るよ」というフレーズもトレンド入り。ファンからテオくんに向けてのエールが多数寄せられてトレンド入りしたもので、事態は混沌としています。

関連記事
スカイピース・テオくん、騒動を釈明も「またおっぱい揉ましてください」と目を剥く
嫌がる女子生徒の胸を執拗に…中学時代のエピソード語ったスカイピース・テオくんに批判の声

 
   

ランキング(動画)

ジャンル