top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

映画『52ヘルツのクジラたち』成島出監督インタビュー「時間をかけてキャストの皆さんがこの痛みを、自分の中に落としてくれた」

ガジェット通信

杉咲花を主演に迎えた成島出監督最新作『52ヘルツのクジラたち』 (配給:ギャガ)が 3 月 1 日(金)より全国公開となります。

町田そのこによる原作「52ヘルツのクジラたち」(中央公論新社)は、2021 年の本屋大賞を受賞し、累計発行 部数100万部目前の圧巻の傑作ベストセラー小説。とは、他の仲間たちには聴こえない 高い周波数で鳴く世界で1頭だけのクジラのこと。しかし、そんな「世界で最も孤独なクジラ」たちにも、その 声なき声に耳をすませてくれる相手がきっといる。その声はいつか届く─。

本作を手がけた成島出監督にお話を伺いました。

※ネタバレではございませんが、インタビューでは登場人物たちの環境や設定について詳しく触れています。

――本作楽しく拝見させていただきました。原作を読んだ時の感想、どの部分に特に感銘を受けましたか?

広告の後にも続きます

ヘビーなお話なんですけど、1つ1つのエピソードが大きな力を持っていて、これは確かに本屋大賞を取るよなと思いました。重いテーマを描いているのに、エンターテイメントとしての捌き方が本当に見事だなと感じました。

――俳優さんたちの表情がとにかく素晴らしかったです。監督がおっしゃった様に重いシーンも多いですが、みなさんが演技をしやすいよう工夫したことなどはありましたか?

杉咲さんが貴瑚という役を受けてくださってから、シナリオを作って行く過程でたくさんのキャッチボールをしました。児童虐待やアウティングなど、どの題材も重いので、彼女も「本当に痛みとか実感みたいなものが持てないと演じることが難しいと思う」と話していて、それは事前に準備してこうとたくさん話をしました。「このシナリオをこう直そう」とかそういうことですね。

志尊さんもトランジェンダーを演じるにあたって、「自分がこの役を本当に受けていいんだろうか」という気持ちがあったので、色々なお話をしました。トランスジェンダー監修をしてくださった俳優の若林佑真さんと本当に二人三脚で安吾という役柄を作っていってくれました。

宮沢さん演じる主税は、単純な暴力性ではなくて深みのある人間性が欲しいという話をしました。物語にとってとても重要な人物なので、1週間のリハーサルをして、とことん納得出来るまで練習して。「ここはもうちょっと突っ込んだ方が良い」「そこはちょっと引いた方がいい」とかそういった話をみんなでしながら、現場に入る前に“線引き”を決めたんです。現場では、その決めた線に対して、全力でぶつかる。叫ぶなら叫ぶでとことん怖い表情になっていく、その表情一つを撮るまでに長い時間をかけました。

――皆さんとしっかりとお話をしてからこその素晴らしいシーンの数々なのですね。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル