top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

怒髪天、40年の濃厚な生き様見せた二日間 豪華ゲスト迎えた特別企画レポ

Real Sound

怒髪天ライブ写真(撮影=西槇太一)

 2024年2月4日と5日、Spotify O-EASTでド派手に開催された『怒髪天結成40周年特別企画 “オールスター男呼唄 真冬の大感謝祭-愛されたくて・・・2/5世紀-”』。祭り好きの怒髪天らしい、騒々しくも貫禄たっぷりの2日間だった。1日目は増子直純(Vo)の体調不良により完走こそできなかったものの、40年というバンドの濃厚で図太い生き様をまざまざと見せてくれた。

(関連:怒髪天、柳家睦とラットボーンズとの“WBC”ファイナル 信念を持った2組による最高のエンタメショー

 同郷の盟友から演歌界の重鎮まで、あらゆる方面から集まったゲストは怒髪天というロックバンドの音楽性や楽曲はもちろんのこと、そのどデカい懐と人柄を象徴するものであった。増子はMCで「このクラスを呼べるのは、ももクロ(ももいろクローバーZ)か『氣志團万博』くらいだよ」と言っていたが、ゲストが皆、怒髪天の演奏で怒髪天の楽曲を嬉しそうに歌う光景なんて、そう見られたものではないだろう。上原子友康(Gt)は「自分らの曲をカバーして歌ってもらえるっていう、バンドマンにとってこんな幸せなことはないんですよね」と嬉しそうに語っていた。「オリジナルの解釈で歌ってくれる、違う曲として歌ってくれる、そういう幸せがあって……」とも。そうなのだ、歌う人独自の解釈だからこそ、怒髪天楽曲の普遍性、新たな魅力に気づくこともできた。

 通常の進行に思わせておいて、唐突にゲストが登場する形でライブは展開していった。事前告知には「怒髪天にゆかりのあるゲスト多数」とあるだけで、会場を埋め尽くしたオーディエンス全員、誰が出てくるのかわからない状態である。

■1日目(2月4日)

広告の後にも続きます

 場内BGMの北島三郎「まつり」がSE「男祭」となり、颯爽と登場した4人。「よく来た!よう来た!」。大きく響いた増子の一声、「情熱のストレート」で祭りは始まった。

 「スキモノマニア」に続いて、増子のエア乾杯も高らかに「酒燃料爆進曲」を豪快に叩きつけると、「そりゃ来るだろうなという人もいれば」とゲストについて触れて笑いを誘い、「誰が出てきても最高のリアクションでお願いします」と増子。登場した最初のサプライズゲストはうつみようこ。「裸武士」を英詞でソウルフルに歌いあげる迫力。増子と一緒に〈スッポンポン スッポンポン〉とバカ騒ぎする様もどこか海の向こうのナンバーに聴こえてくるから不思議だ。

 ファンクナンバー「愛の出番だ!」で、なぜかモーニング娘。「恋愛レボリューション21」を振り付きで口ずさみながら登場したのはレキシ。歌う増子の傍で、“超超超いい感じ”にステージの上手下手を大忙しに動き回り、フロアの士気を一気に掌握する。上原子のギターソロ中には、増子を巻き込んで「Choo Choo TRAIN」の回転ダンスを披露するなど、やりたい放題である。アウトロのコーラスでは「井上陽水さんみたいだ」と、「夢の中へ」の一節を口ずさみ、「探しものは怒髪天への愛なんだ!」と上手いのか強引なのかわからない自由奔放なエンターテイナーっぷりで場内を大きく沸かせた。

 上原子の妖しいカッティングで始まった「トーキョー・ロンリー・サムライマン」。昭和のメロディを道連れにしたところで、2番から響いた激シブの低い声と共に登場したるは山本譲二。そのオーラを前にただただひれ伏すしかない。そして、「泣く子も黙るヒット曲を」ということで贈られた国民的大ヒット曲「みちのくひとり旅」。怒髪天の演奏で歌われる同曲の貴重な光景に会場全体が酔いしれる。イントロのフレーズにハードロックを感じ、アマチュア時代にコピーしていたという上原子といい、先ほどまではロックでファンクなグルーヴを紡いでいたアンサンブルも、どっしりと重心を低くした坂詰克彦(Dr)のリズムを軸に和のこぶしを支えていく。“R&E(リズム&演歌)”を掲げる怒髪天の真骨頂である。

 ビッグなゲストの余韻を良くも悪くも残さず通常のライブモードに切り替えられるのも怒髪天というバンドの恐ろしさだろう。「GREAT NUMBER」「ドリーム・バイキング・ロック」とアッパーな楽曲をたたみかけていく。

 クージーこと、クジヒロコ(Key/サポート)が奏でる聴き覚えのあるシンセのフレーズ。「もしや?」の予感的中、渡辺美里が登場した。届けられたのはもちろん、大ヒット曲「My Revolution」。声量たっぷりに広がる美声に圧倒される。増子と上原子と坂詰と同い歳の渡辺。「みさっちゃーん」「ずみちゃーん」と増子との息もぴったりだ。そして原曲キーのまま、歌い継いだ増子。まさかと思いつつもそのままサビまで歌い切った。増子のボーカル力、恐るべし。さらに「令和のデュエットソングNo.1にしたい」と、怒髪天と一緒に作った「ハートに火をつけて ~シーズン2~」を歌い上げ、渡辺は会場を見回しながら、「ファンはアーティストの鑑」と怒髪天のファンを讃えてステージを降りた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル