top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

Ankerが全自動クリーニングステーション付属のロボット掃除機最上位モデル「Eufy X10 Pro Omni」を発売

ガジェット通信

アンカー・ジャパンは2月28日、スマートホームブランド「Eufy」からロボット掃除機「Eufy X10 Pro Omni」を発売しました。価格は9万9990円(税込)。初回セールとして300台限定で、Anker Japan公式ストアでは25%OFFの7万4992円(税込)で販売する他、Amazonでは25%分のポイント、楽天市場では25%分のクーポンを付与します。

充実機能の最上位モデル

全自動クリーニングステーションが付属する、Eufyのロボット掃除機の最上位モデルという位置づけ。

本体はパワフルな掃除力とスマートな機能を搭載するのが特徴。シリーズ最大となる8000Paの吸引力に加えて、2つのモップにそれぞれ約1kgの圧をかけながら、“床を押して拭く”水拭き機能を搭載します。

100以上の物体を認識できるAIカメラにより障害物を回避する「AI.See」システムを搭載し、床に置かれたケーブルやスリッパを回避しながら掃除が可能。水拭き掃除ではカーペットを検出すると、自動でモップを約12mm持ち上げて濡らさないようにする「モップ自動リフトアップ」機能、壁を認識すると本体をスイングさせながら壁際1cmまでカバーする「エッジモード」を搭載します。

ごみ収集からモップの洗浄・乾燥まで自動のクリーニングステーション

全自動クリーニングステーションは、掃除の後のゴミの収集から、モップの洗浄、45℃の温風によるモップの乾燥までを自動で行い、メンテナンスの負荷を軽減。本体もブラシを前後に回転して人間やペットのからまった毛をほぐす「毛がらみ除去システム」を搭載し、本体を掃除する手間を省きます。

 
   

ランキング

ジャンル