top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「自粛されてた割には…」霜降り・粗品 “1人賛否”も活動再開への藤本敏史に放った「痛烈すぎる批判」

女性自身

「昨今ね、いろんな意見があります。いろんな出来事があって、それにいろんな意見がついて回る。そういう時に1人がコメントすると、ちょっと偏ったコメントになるんですよね」

 

2月26日に更新されたYouTube動画で、こう語ったのはお笑いコンビ・霜降り明星の粗品(31)。今月に入ってから「SNSニュース斬った」と題して、1週間の間に起こったニュースをYouTubeチャンネルで取り上げている。

 

そんな粗品は「1人賛否」のスタンスを掲げており、冒頭のコメントに続けて「『粗品はこれのことについて、こっち派で喋ってたぞ』みたいな、僕はあんまりそういうのを出したくないので、どっちの意見も1人で言ってみます」と意気込みを語った。

広告の後にも続きます

 

今回で2回目となる“ニュース番組”で、粗品がトップに扱ったのはお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史(53)が活動再開したこと。

 

昨年10月に東京都渋谷区の交差点で当て逃げ事故を起し、活動を自粛していた藤本。道路交通法違反の疑いで警視庁に書類送検され、今年1月に東京簡易裁判所から罰金2万4000円の略式命令を下されたと報じられた。今月23日に更新されたコンビのYouTube動画では、相方の原西孝幸(52)とともに騒動を謝罪。藤原は、「1つ1つの仕事を真剣に取り組んでいき、信用してもらえるように頑張っていきたいと思います」と語っていた。

 

粗品は藤本の復帰に際して吉本興業が発表した声明を読み上げ、「藤原さんのYouTubeでもね、謝罪動画も出してましたね。見ました!」とコメント。その上で、“賛”の意見をこう語った。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル