top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

能登半島地震の被災地上空へのブルーインパルス飛行に賛否「本当にありがたい」「金かけるとこが違う」

女性自身

 

前述した20年5月の飛行の際も、直接の支援には結びつかないことから「税金の無駄」と批判を浴びたブルーインパルス飛行。今も1万人以上が避難所で生活し、物的支援の不足も叫ばれる状況下で、飛行する方針を示したことに対して、ネット上の一部からは疑問の声が。

 

《誰かが、高価な千羽鶴 って言ってた》
《ブルーインパルス飛ばすお金を復興にまわせ》
《大地震大津波に遭い、打ちひしがれている被災者たちの上を、新幹線延伸のお祝いのブルーインパルスが飛ぶと。それで元気づけられるといいのだが…》
《アホですか ブルーインパルスで壊れた家が元に戻りますか!インフラが整備されますか!ブルーインパルスで焼け野原の輪島朝市が復活しますか!政治家の仕事はブルーインパルスを飛ばすことではありません。ブルーインパルスではごはんは食べられません》

 

広告の後にも続きます

いっぽう、もともと北陸新幹線のイベントで飛行する予定だったものを被災地にも拡大することなどから賛同の声もあがっている。

 

《どんな支援も本当にありがたいです。被災してなくても、県民としては今元気が欲しいのです。。》
《北陸新幹線で近くを飛ぶから、能登を元気づけるために飛ぶのは、いいことだと思います》

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル