top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

ロッテリアの肉の日限定バーガーで最もIQの低そうな2種を食べてみた / 失われる知性、吹き荒れる肉とチーズの暴力

ロケットニュース24

2024年2月27日からの3日間、ロッテリアで肉とチーズの暴力が吹き荒れている。肉の日のキャンペーンで、IQが低いバーガーが登場中なのだ。

特に知性の喪失が著しいのが「キング絶品チーズバーガー(1390円)」と「キング 絶品ミートソースチーズバーガー(1140円)」。さっそく食べてみることに。

・うるう年

ロッテリアによると、うるう年に合わせた4年に1度のスペシャル企画らしい。最寄りの店舗に行くと、メニューがレジ前に出ていた。

これやこれ。さすがに肉の日系バーガー全制覇はカロリー的にヤバすぎるので、このメニューでセンターを飾っている2つのバーガーにフォーカスしよう。

提供までに少しかかると言われたが……5分も待たずに完成。デカいので時間がかかって当然くらいの心構えだったのに、思っていたより早かった。両方とも箱に入って提供されるスタイル。

・キング絶品チーズバーガー

広告の後にも続きます

まずは『キング絶品チーズバーガー』からいこう。こちらは1月の肉の日にも登場していたもの。

昨年12月にリニューアルされた『絶品チーズバーガー』の4枚重ね版だ。

トップのバンズを剥がすと、そこには白いソースが。ロッテリアによると、これは「とろ~りチーズソース」といい、ゴーダ、チェダー、マスカルポーネ、そしてパルメザンチーズからなるものらしい。

そこから先は、レッドチェダーチーズとパティ4枚が続く。剥がそうと試みたが、チーズで強固にくっついていたので断念した。

最下層のバンズには、再び「とろ~りチーズソース」。つまり大量のチーズと肉にチーズのソースをかけてパンで挟んだという構造。IQの低さが極まっており、とてもよい。

食べてみると、間違いのないカロリーの波動を感じる味わい。リニューアル前のパティよりも、新型の方が多段仕様にした際に飽きがきづらい気がする。今後はこいつが肉の日のレギュラーになるのだろうか?

・キング 絶品ミートソースチーズバーガー

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル