top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

<明日のブギウギ>趣里“スズ子”、新マネジャーを渋々受け入れるも頼りなさが露呈してしまう

WEBザテレビジョン

趣里がヒロインを務める連続テレビ小説「ブギウギ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)の第22週「あ~しんど♪」第105回が2月29日(木)に放送される。

■第105回の内容を紹介

「ブギウギ」は、戦後の世の中で人々を楽しませ、励まし、生きる活力を与えた歌手・福来スズ子(趣里)の人生を描く、笑いと涙の物語。

第105回では――

スズ子のマネジャーを辞めるという山下(近藤芳正)は、新たなマネジャーとして自分の甥の柴本タケシ(三浦りょう太)を連れてくる。

はじめは拒むスズ子だったが、どうしても辞めるという山下に押され、しぶしぶタケシをマネジャーとして受け入れることにする。

翌日、スズ子はタケシを連れて完成した新曲「買物ブギ」を受け取りに、羽鳥善一(草なぎ剛)を訪ねる。しかし、タケシの頼りなさが露呈してしまうことに。

――という物語が描かれる。

■連続テレビ小説「ブギウギ」とは

趣里主演で、激動の時代の渦中、ひたむきに歌に踊りに向き合い続けた歌手の波瀾(はらん)万丈の物語を描く。

ヒロイン・スズ子のモデルは、ブギの女王と呼ばれた戦後の大スター・笠置シヅ子。底抜けに明るいヒロインが、多くの困難を乗り越え、歌手の道を突き進み、人々に勇気と希望を与えていく。脚本は足立紳、櫻井剛が担当。

※三浦りょう太のりょうは、正しくは「けものへんに寮のうかんむりなし」。また、草なぎ剛のなぎは、「弓へんに前の旧字体その下に刀」が正式表記


 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル