top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

イレギュラーに不満「プレー不可能」

テニス365


カルバレス バエナ(2023年)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのモビスター・チリ・オープン(チリ/サンティアゴ、レッドクレー、ATP250)は26日にシングルス1回戦が行われ、第7シードのR・カルバレス バエナ(スペイン)は予選勝者で世界ランク140位のC・ムーテ(フランス)に3-6, 7-5, 2-6のフルセットで敗れ、初戦敗退となった。カルバレス バエナは試合でイレギュラーが発生したセンターコートについて「プレー不可能で、選手にとって危険なコート」と不満をあらわにした。

>>【動画】チリOPで発生しているイレギュラーバウンド、ほぼバウンドせず<<

30歳で同66位のカルバレス バエナが同大会に出場するのは2年連続4度目。最高成績は2021年の8強。

ムーテと顔を合わせた今大会の1回戦の第1セット、序盤は両者キープを続けたものの、第8ゲームでカルバレス バエナがブレークポイントを握られる。次のポイントではムーテの放ったショットがイレギュラーとなりほとんどバウンドせず、カルバレス バエナが返球できずにブレークを許した。このブレークにより、カルバレス バエナは第1セットを落とす。

その後、第2セットを奪い返し1セットオールに追いついたカルバレス バエナだったが、ファイナルセットでは2度のブレークを許し、2時間58分で力尽きた。

試合後に自身のインスタグラムのストーリーズ(24時間で消える投稿)を更新したカルバレス バエナはイレギュラーバウンドでブレークを許した動画とともに「ATP(男子プロテニス協会)の基準値はどこにあるんだ?プレー不可能で、選手にとって危険なコート」と不満を露わにした。

同大会では予選でも同様のイレギュラーバウンドが起きている。

一方、勝利したムーテは2回戦で同100位のT・ティランテ(アルゼンチン)と対戦する。ティランテは1回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場した同343位のJ・フォンセカ(ブラジル)を下しての勝ち上がり。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル