top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

藤浪晋太郎の背番号を受け継いだ完成度抜群の大崩れしない阪神期待の実戦派ドラ1ルーキーとは!?

ラブすぽ

適正的には先発、リリーフどちらもこなせそうですが、先発であればまずはローテの5~6番手、リリーフであれば6~7回あたりを任せられる。そんなプロ1年目の活躍も描けます。

また、大学時代からのトレードマークでもある「緑のグラブ」はプロでも継続。あまり見ない色なので、活躍すればこの「緑グラブ」の注目度も増すかもしれません。

将来的には先発ローテの中心やセットアッパー、クローザーまで――。無限の可能性を秘めた下村海翔投手に、ぜひ注目してみてください。

花田 雪
(はなだ きよむ)

1983年、神奈川県生まれ。 編集プロダクション勤務を経て、2015年に独立。ライター、編集者として年間50人以上のアスリート・著名人にインタビューを行い、野球を中心にバスケットボール、大相撲、サッカー、ラグビーなど、さまざまなジャンルのスポーツ媒体で編集・執筆を行う。 著書に『あのプロ野球選手の少年時代』(宝島社)『オリックス・バファローズはいかに強くなったのか~選手たちの知られざる少年時代~』(日本文芸社)がある。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル