top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

貴重なギャンブル場の寿司屋で贅沢ランチ/日本全国「旅打ち」行脚~中山競馬(下)

アサ芸プラス

 さて、結果は⑩インスタキングが先行して押し切り、2着は前々の①ネイビースター。ここまではよかったが、3着に②が入る。専門紙を見ていると印が多いので迷い、最後の1頭に加えるか迷った末に、やめてしまった馬だ。3連単⑩①②は2万8930円でドボン、天を仰いだ。

 気を取り直してメインの11R幕張ステークスに集中する。4歳以上3勝クラス、芝の外回り1600メートル、11頭立てである。

 このレースは抜けている馬がいない。ドングリの背比べのような気がした。こういう時は荒れたらとんでもなく荒れるが、意外に人気上位馬で決まったりするもの。

 そこであれこれ考えず、人気上位馬のボックス馬券でいくことにする。それも①②③⑤⑦⑪の6頭。3連単では買い目が120通りにもなるので、3連複20通りで。各1000円なら2万円だ。各1000円にするか各500円にするか迷った末に、500円とした。

 こういうケチった時に限って的中したりするものだが、案の定、②⑥⑦で入線。3番人気、5番人気、6番人気の決着だった。1、2番人気が飛んだので、3連複は4360円の好配当になった(3連単は2万450円)。これはゲット、である。

広告の後にも続きます

 最終12Rはダート、1200メートルの短距離走、16頭立て。隣りにいたオールドファンが「このレースは先行する馬がいっぱいいるから、競り合って潰れる。追い込み馬が来るよ。④カンパニョーラが怖い」と友人らに同じことを何度もしゃべっていた。

 嫌だなと思っていたら、④が2着に入って3連複4880円、3連単1万8150円。このレースも6頭の3連複ボックスを買ったが、④を蹴ってドボン。

 なお、この日の戸崎騎手は10レースに騎乗して2勝し、2着と3着が1回だった。翌25日は前半2勝、後半9Rから12Rの4レースで3勝するなど、1日で5勝の固め打ちだった。

 かくして初中山、孤独のギャンブルは2安打、1万5000円のマイナスで終了となった。

(峯田淳/コラムニスト)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル