top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

貴重なギャンブル場の寿司屋で贅沢ランチ/日本全国「旅打ち」行脚~中山競馬(下)

アサ芸プラス

 2月24日、中山競馬馬、2回初日。8Rの枠連馬券をゲットして腹ごしらえ、めしタイムである。レストランガイドによれば、中山競馬場には49店舗が入っている。何でもある。

 入ったのは2階にある寿司の「京樽ガーデン」。これまで歩いた全国のギャンブル場で、カウンター席がある寿司屋があるのは静岡競輪、金沢競馬だった。東京競馬場には確か、寿司屋はない。中山にはもう1店舗、寿司屋があるが、そこにもカウンター席はなさそう。それでもギャンブル場の貴重な寿司屋「京樽」で、江戸前にぎり寿司1800円。贅沢なランチだ。

 9Rの水仙賞は3歳1勝クラス、芝の外回りコース2200メートル、少数7頭立てだ。まずは人気をチェックする。

 1番人気は③ターコイズフリンジ、2番人気は⑤クリスマスパレード、3番人気②、4番人気④、5番人気①。⑥と⑦は情報、データから後方を走っているに違いない馬で、①~⑤の争いになろう。

 スポーツ紙に戸崎圭太のコラムが載っていた。前週の土曜17日は全12レースに騎乗したという。とにかく騎乗しまくっている。この日も10レースに騎乗していた。

広告の後にも続きます

 その中で「すごく楽しみしていると」語ったのが、9Rで騎乗する③ターコイズフリンジだった。8Rまでの戸崎は6レースまで5鞍に騎乗して2勝。あと1、2鞍は勝つはずだ。1番人気に推されたここで取りこぼすことはないだろう、と考えた。

 ③と⑤が中心だが、2頭ともでは配当的な妙味がない。そこで3連単は1着③、2着3着①②④のボックスで各1000円。⑤が来たらイヤなので保険をかけて、3連複の①③⑤、②③⑤、④③⑤を各1000円となった。

 ところが③は真ん中あたりの競馬で、直線になっても伸びない伸びない。どうした戸崎、だ。結果は③が4着で、3連単は⑤④②で4790円だった。

 そして10Rの富里特別。4歳以上2勝クラス、芝の内回り1800メートル、12頭立て。人気と1800メートルの持ち時計などをチェックする。

 戸崎騎手は①ネイビースターについても先のコラムで「能力を感じる動き」と語っていた。①は3番人気。ここも戸崎を信じて①とともに2番人気の④シュタールヴィント、5番人気の⑩インスタキングを1着にして、2着に⑫を、3着に⑧を加えた3連単のフォーメーション27点を各300円。ちなみにインスタキングに騎乗したのは、外国人のキング騎手だった。馬名に気をよくしていそうなキング騎手にも期待したレースだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル